スポンサードリンク

人気沸騰ひふみ投信!レオス キャピタルワークスまとめ

預金金利が0.1%を下回る昨今、銀行にお金を預けていてもお金を増やすことが難しい時代になりました。当てにならない年金にプラスして、少しでも多く老後の資金を蓄えるためにも、投資でもと頭を悩ませている方は多いはずです。

そこで今回は、多くのメディアでも取り上げられている話題のレオス キャピタルワークスの金融商品「ひふみ」について調べてみました。

スポンサードリンク

 

レオス キャピタルワークスとは

レオス キャピタルワークスとは、2003年設立の日本の資産運用会社で、運営する金融商品「ひふみ」は、おもに日本の成長企業を応援し投資することで大変評判となっています。

多くの投資信託が海外のファンドを扱う中、レオス キャピタルワークスの社長 藤野英人氏等が自ら足を運び、地方のこれから成長が望まれる企業を直接訪ね歩き、投信する手法が話題になっています。

藤野英人氏の著書『投資家が「お金」よりも大切にしていること』の中で、お金よりも情熱をもって取り組んでいる日本の将来を担う企業に投資すると言う信念に、誰もが感動し賛同するのでしょう。

 

ひふみの投資信託とは

ひふみの投資信託は「ひふみ投信」と呼ばれ、レオス キャピタルワークスが運営する金融商品です。「ひふみ投信」で集めた資産は、おもに国内の成長企業に投資する日本企業の応援団的な投資信託です。

社会で必要とされている将来性のある企業は、株価にも反映されるという信念の下に、ひふみの社長を筆頭に運用チームは直接投資する企業に赴き、経営者の熱い思いに投資をする訳です。

他の金融商品とひふみ投信を比較しても、ひふみ投信は所有する金融資産をおもに国内の成長企業に分散したポートフォリオを形成している点に大きな特徴があります。

「ひふみ投信」は、従来の運用手法やスタイルに一切こだわらず、企業の成長性や割安感に着目して長期的な投資を行っていますファンドの組み入れ銘柄は、中小型株を積極的に取り入れており、国内でもまだ知名度の低い地方の企業が目立ちます。

その分「ひふみ投信」は、ひふみが直接運用する直販型なので手数料も安いのも魅力です。直販型の投資信託には、「ひふみ投信」の他にも「コモンズ投信」「セゾン投信」などがありますが、比較をしてみると、直販型はどちらも純資産額が増えているようです。

また、「ひふみ投信」は、2015年度のR&Iファンド大賞(投資信託・国内株式部門で優秀ファンド賞獲得)を獲得するなど、人気だけでなく実績が高く評価されているアクティブな投資信託となっています。

レオス・キャピタルワークスが運用する「ひふみ投信」の基準価額や純資産総額のチャートと期間別騰落率の推移を一見しても、TOPIXを上回る成績を出し、右肩上がりの順調な推移が取ってみられます。

ひふみの運用チームは、常に相場の状況を把握して現金の保有比率を判断しています。そのため、運用利回りの高いリターンをあげる運用が可能となり、急激な下げ相場にも対応ができるため、暴落などのリスクを回避することが可能となるのです。

 

そもそも投資信託とは

そもそも投資信託とは、ファンドとも呼ばれ、投資に精通したファンドマネージャーが投資家から集めた資金を投資家に代わり各銘柄に分散投資で株式や債券などに投資・運用する金融商品のことです。ファンドの運用成果は、投資家の投資額に応じて分配されます。

外国の株式や債券で運用する投資信託には、一般的に為替変動リスクが ありますが、「ひふみ投信」は、おもに国内企業のファンドのため為替変動に左右されるデメリットを抑えています。

 

銀行でも購入できる「ひふみプラス」

実際のところ「ひふみ投信」が、どこで買えるか気になるところですが、窓口は近くの銀行や証券会社などの販売会社を通じて、「ひふみ投信」を購入することができます。それが、「ひふみプラス」です。

銀行や証券会社などの販売会社に口座があれば、預金や定期貯金、その他の金融商品などを一社で管理することができるので安心便利です。

地元の販売会社を利用すれば、常に金融専門の担当者から詳しい内容や新しい情報を聞くことができます。また、資料やパンフレットなども直ぐに手に入れることができて便利です。

 

「ひふみプラス」の販売会社

レオス キャピタルワークスが運用する投資信託「ひふみプラス」は、全国の証券会社をはじめ、大手金融機関で販売の取り扱いをしています。2017年6月1日現在の取り扱い販売会社は以下の通りです。

取扱証券会社

あかつき証券、エース証券、SBI証券、岡三オンライン証券、カブドットコム証券、ぐんぎん証券、GMOクリック証券、上光証券、髙木証券、東海東京証券、とうほう証券、長野證券、百五証券、ひろぎんウツミ屋証券、フィデリティ証券、ほくほくTT証券、松井証券、マネックス証券、ライブスター証券、楽天証券

取扱銀行

青森銀行、秋田銀行、イオン銀行、岩手銀行、大分銀行、沖縄銀行、関西アーバン銀行、熊本銀行、群馬銀行、佐賀銀行、静岡銀行、常陽銀行、親和銀行、スルガ銀行、ソニー銀行、但馬銀行、千葉興業銀行、東邦銀行、栃木銀行、鳥取銀行、南都銀行、百五銀行、福岡銀行、北海道銀行、(2017年6月1日現在)

 

「ひふみ年金」で老後の年金資金を運用

ひふみ年金は、確定拠出年金制度を利用して老後の年金資金を運用する私的年金制度です。確定拠出年金(DC)は、個人が加入できる「個人型DC(iDeCo)」と事業主が加入する「企業型DC」があり、掛け金が全額所得控除の対象となるなど税制面で大きく優遇されます。

レオス キャピタルワークスが運用する「ひふみ年金」の販売会社は、2017年6月1日現在、福岡銀行、SBI証券、百五銀行、北陸銀行の4社が取り扱っています。

 

ひふみ投信でNISA活用!

NISA(少額投資非課税制度)とは、毎年2023年まで上限120万円の株式や公募株式投資信託の新規購入分の売却益や配当、分配金、5年間非課税にするという制度です。

つまり、ひふみ投信でNISA口座を開設し、コツコツと毎月積立てる年間120万円以内の投資で、最長5年以内に解約した場合の報酬は非課税という国の制度です。非課税と聞いただけでも嬉しくなりますね。詳しい内容は、ひふみ投信に相談してみてください。

 

「ひふみ投信」の嬉しいサービス

ひふみ投信には「資産形成応援団」という他に例を見ない独特の仕組みがあります。「資産形成応援団」とは、長期間ひふみ投信を保有していると信託報酬の一部を還元する嬉しいサービスです。言わば、長く投資をして日本の企業を応援をしているご褒美のようなものでしょうか。

ひふみ投信では、毎月1回ひふみアカデミーというセミナーがあり、投信の運用状況や株式相場の動向を把握することができます。ファンドは生き物ですから、常に新しい情報を報告してくれるレオス キャピタルワークスの真摯な経営方針も好感が持てますね。

また、ひふみ投信は年齢を問わず、誰でも新規に口座開設が可能です。小さなお子さんの将来のために、新規に口座を開設してコツコツと積立のようにひふみ投信を活用するのも一案ですね。

ひふみ投信は、ボーナス時期に買い増ししたり、毎月定額を積み立てたり、いつでも価格設定は自由に購入することもできます。子どもの将来の学費を投資信託で運用することなども、一つの選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

 

「ひふみ投信」の解約手続き

長い間投資を続ける訳は、家の改築や老後の資金、子どもの学費など将来の目的に合わせてコツコツとお金を増やすためです。そのタイミングでひふみ投信も解約の手続きをしなければならない時がやってきます。ひふみ投信の解約は、希望の金額や一部解約も可能です。

ホームページから「ひふみWebサービス」の「ご解約(換金)注文」の画面からアクセスすることができます。また、直接電話でコミュニケーションセンターへ連絡をして解約の依頼や一部解約などの相談もできます。

解約返戻金は、レオスキャピタルワークスの営業日の営業時間15時までに解約の請求を受け付けた場合、解約の受付日から5営業日目に口座開設時に指定した金融機関口座に振り込まれます。

振込手数料はレオスキャピタルワークスが負担するので、解約返戻金から差し引かれることはありません。ただし、メールやFAXでの解約はできないので注意が必要です。


 

セミナー「はじめてのひふみ」は全日満員!

2017年2月16日に放送された「カンブリア宮殿」で、レオスが運用する投資信託「 ひふみ」を視聴しました。番組の「間違いだらけの日本の投資に変革をー成長企業を見抜くカリスマが明かす投資術!」と題した魅力的なタイトルにも触発されました。

「ひふみ投信」の社長兼ファンドマネージャーである藤野英人社長の経営理念は、とても好感度の高いものでした。

レオス キャピタルワークスのホームページを検索すると、既にセミナーの参加希望者多数で翌月まで満席、メディアの反響が大きく予想を上回る盛況ぶりに大変驚きました。

先週、いつものお仲間と会食をする機会があり、たまたま番組を視聴したという知人から「ひふみ投信」の話題になりました。既に、知人はセミナーに参加し投信を購入していました。

早い方が良いという助言でしたが、人が押し寄せる波に便乗するのに不安もあり、しばらく自分の目で見て納得するまで投信について勉強をしようと考えていました。

しかし、再度ネットでレオス キャピタルワークスのセミナーを検索すると、東京で開催される基本無料の入門セミナー「はじめてのひふみ」は、全日満員で未だに人気は衰えていないようです。初心者向けのセミナーは、東京、大阪、名古屋、宇都宮など全国各地で開催されているようです。

さらに、投資信託の格付け評価が分かるモーニングスターでも、ひふみ投信の基準価額や分配金データなどをいつでも知ることができます。

投資ブログや口コミでも人気の高い「ひふみ投信」なので、この機会にセミナーに参加して専門家の話を聞いてみようと思っています。

 



 

 





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]