グノシーとは

グノシー(Gunosy)とは、最近流行りのスマホ向け無料ニュースアプリです。ちょっと前によくTVのCMで「LINEでブロックされているか知る方法は?」等、ちょっと気をひくCMを流していましたので、気になっていた人も多いと思います。

グノシーは、エンタメやスポーツをはじめ、国内外のニュース記事をまとめて読むことができ、使っているうちに自分好みのニュースが表示されるようになるキュレーションサービスです。

このキュレーションシステムが、他のアプリよりも優れているという点が口コミでは評価されているようです。

ちなみに、CMで流れている内容を実際にグノシーのアプリから見つけようとすると非常に見つけにくいので、参考までに書いておきます。

アプリの「メニューアイコン」から「タブを編集する」を選んで、タグ追加一覧の「コラム」カテゴリの中に「グノシーCM」があり、「+追加する」をタップすると、トップメニューに、「グノシーCM」のタブが表示されるようになります。

スポンサードリンク

 

アプリのダウンロードの方法

グノシーは、無料のスマホ向けニュースアプリなので、App StoreやGoogle PLAYから簡単にダウンロードすることができます。もちろん、グノシーのサイトからもアプリをダウンロードすることができますし、Web版もあるのでPCで見ることもできます。

 

グノシーのアプリの使い方

グノシーは特に会員登録しないでも使うことができますが、ダウンロード後はアカウント作成することで、自分好みにタブを並び替えたり、記事をクリップしたりすることができます。

色々な端末で楽しみたい場合は、アカウントを作成して使う方が良いでしょう。

 

グノシーのアプリが開けない!

他のアプリでもよくあることですが、アプリが開けない場合や表示されない場合、または、すぐに落ちてしまう場合などは、下記の手順を試してみましょう。

1.グノシーアプリを最新のバージョンにあげる。

2.グノシーアプリを一度アンインストールをしてから再度インストールしなおす。

3.スマホのOSが最新のバージョンか確認し、最新のバージョンでない場合は、最新のバージョンにアップデートする。

4.スマホ本体を再起動する。

 

ニュースの種類

アプリを立ち上げると、すぐにニュースのヘッドラインが表示されます。

表示されるニュースの種類は、芸能・スポーツ・社会・政治・経済・国際・テクノロジーの一般的なニュースから、ネットで話題の「コラム」まで多彩です。

また、2ちゃんねるで話題となっているスレッドの「まとめ」や「おもしろ」や地域のイベント情報やスイーツ情報などの「グルメ」「おでかけ」と多岐に渡っています。

特徴としては、一般的な社会・政治・経済ネタよりは、コラムや芸能系のDEEPなネタの方が種類も豊富で数多くあるようです。この点が、YahooニュースやLINEニュースとの大きな違いでしょう。

 

ニュース以外の楽しみ方

以前はグノシーマンガというメニューがあり、スマホやタブレットなどで無料でマンガを見ることができるサービスもあったようですが、残念ながら2016年12月20日に終了しています。

マンガはなくなりましたが、天気予報や食べログ、NAVITIMEとの連携やモニプラのプレゼントなどメニュー画面は充実しており、お得な情報を得ることができます。

 

とても便利なグノシー!


無料でニュースが読めるグノシーは、とにかくとても便利です。分からなかったことや知らなかったことまで新しい情報を得ることができます。

何か知りたいことがある場合はもちろんですが、特に何もないけど暇を見つけてグノシーを読んでいると時間がアッというまに過ぎてしまいます。

グノシーには、とても面白く興味深い記事などが多く、つい気になって読んでしまう記事がたくさんあります。いつでもどこでも、グノシーで楽しむことができます。

グノシーを読むことによって最近のニュースに詳しくなり、職場の話題にも付いていけるようになりました。また、面白い話題が満載なので、話題作りにも貢献できるようになりました。

 

グノシーの公式ホームページはこちら 



 

 




コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]

一度は行きたい石山寺!紫式部ゆかりの花の寺

石山寺(いしやまでら)は、奈良時代 から続く最古の歴史と伝統を持つ霊山で、東寺真言宗のお寺です。日本最古の巡礼道、西国三十三所の十三番札所でもある石山寺は、琵琶湖の南端近くに存在し、琵琶湖から流れる緩やかな瀬田川の右岸に […]