スポンサードリンク

 

三菱東京UFJ銀行は、三菱東京UFJフィナンシャルグループの中核企業として銀行業務を行っています。日本の三大メガバンクのひとつであると同時に、国外にも多くの拠点を持つグローバル企業として積極的な活動を行っています。

 

三菱東京UFJ銀行とは

スポンサードリンク

三菱東京UFJ銀行の本店は、東京都千代田区二丁目7番1号に置かれ、日本各地に展開する支店、出張所などの店舗総数は、平成27年3月現在において766ヵ所にも及びます。銀行コードは、0005で、支店コードは各支店に割り振られている3桁の数字で、例えば、池袋支店なら359というナンバーから成り立っています。

有人店舗においては、通常の入出金や振込みなどを窓口で依頼することができますが、一方で、店内に設置されているATMでも入出金や振込みを行うことができます。同じ店内で手続きを行っても、窓口で依頼するよりATMを使って自分で手続きした方が時間的にも経済的にも節約することができます。

例えば、振込手数料などは、窓口で手続きをするよりもATMを使ったほうが時間的にも早く、断然お得になっています。そのため、今では多くの人がATMを利用しています。ATMの使用に不慣れな人でも、ATMの近辺で待機している職員に使い方を教えてもらうことができるので、自分で使えるようになると便利で良いと思います。なお、店舗内のATMは、店舗閉店後でも一定時間は利用可能になっています。

三菱東京UFJ銀行のATMは、全国に約8,000台も設置されており、毎日8:45~21:00の間なら入出金の手数料は無料となっています。ちなみに、自行ATMと提携先コンビニのATMの総計は、2017年3月現在で77,000台にも達しています。

キャッシュカードを使えば、他の金融機関のATMも利用することが出来ます。幾つかの銀行ATM、例えばイオン銀行ATMであれば、平日の8:45~18:00の間は入出金無料となっています。また、同時間帯の利用においては、JAバンクのATMも引き出しに限り無料です。

 

簡単便利な三菱東京UFJ銀行ダイレクト

インターネット技術の進展に伴い、今や自宅からでも操作可能なインターネットバンキングが普及しています。当然、三菱東京UFJ銀行でもネットバンキングができます。三菱東京UFJ銀行ダイレクトについては、申し込み料金や年会費は必要ありませんので、三菱東京UFJダイレクト利用の手続きをしておけば、パソコンやスマートフォンを使って各種手続きを自分で進めることが出来ます。

三菱東京UFJダイレクトの申し込み方法は、いたって簡単です。同行の普通預金口座を未だ持っていなければ、口座開設と合わせて申し込みをすることが出来ます。

すでに、普通預金口座は開いているけれど三菱東京UFJダイレクトは開設していないという方は、インターネット上で直接申し込むことができます。手元に通帳がない人やキャッシュカードを利用していない人は、申込用紙を取り寄せて申し込みができます。

なお、スマートフォンで三菱東京UFJダイレクトを利用する場合は、スマートフォン向けアプリをダウンロードし、パスワードをログインしてから使用します。ただし、ダイレクトパスワードを何度も間違えると、ロックがかかるので、忘れないように注意が必要です。

三菱東京UFJダイレクトを使えば、店舗やATMの利用と違って利用場所の制約もありませんし、利用時間もほぼ終日ですので非常に手軽で便利です。

時間外料金のようなものも発生しませんし、振込手数料などは安く設定されていますので経済的です。強いて言えば、ネットなので現金の出し入れが出来ないということですが、実質的に困ることはほとんどありません。三菱東京UFJ銀行ダイレクトでは、外国送金も出来るほか、外貨預金申し込みもでき、手数料は、窓口での手続きと比較して格段に低料金です。

 

ネットバンキングの安全性

ネットバンキングの不安な点は、IDやパスワードを盗まれて不正送金されてしまうというような危険性が孕んでいることです。この件については、銀行側のセキュリティ対策も万全を期していて、技術の進化もしているので安全性は高いと言えるでしょう。

しかし、利用者も、ログイン時に使用するパスワードを定期的に変えたり、振込限度額を出来るだけ低く設定したりするなどの対処も必要だと感じています。

 

好感度抜群の三菱東京UFJ銀行!


投資信託にも深い関心がある私は、これまでに、色々な銀行で投資信託を始めたら良いかと訪ねて回った事がありました。もちろん、銀行だけでなく証券会社も回りました。その中で、私が投資信託の話を聞きに行って良かったのが、三菱東京UFJ銀行でした。

最初私は、こんな大きな銀行に私みたいな若い人間が投資信託について話を聞きに行っても軽くあしらわれるだけだと思っていました。実際に某有名証券会社に投資信託の話を聞きに行った時、私は見込み客にすらならないと思われてしまったようで、真面目に話をしてくれませんでした。

しかし、三菱東京UFJ銀行では、初心者の私の疑問にも、丁寧に答えてくれて凄く好感を持ちました。その結果、私は三菱東京UFJ銀行で口座開設をし、さらに、投資信託を始める事にしました。好感度抜群の三菱東京UFJ銀行とは、これから長いお付き合いになりそうです。

 

三菱東京UFJ銀行の公式ホームページはこちら



 

 





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]