スポンサードリンク

野村ネット&コールとは

国内大手の証券会社の野村證券が、「野村ネット&コール」というインターネット証券取引サービスを提供しています。ただ、野村證券では「野村ホームトレード」というインターネット証券取引サービスを提供していたので、少し違和感を覚える方がいらっしゃるかもしれません。

「野村ネット&コール」は、元々ジョインベスト証券という野村證券のグループ会社が提供していたネット取引サービスでしたが、2011年の2社が統合されて元々ジョインベスト証券が適用していたサービスが「野村ネット&コール」として提供されることになりました。

そのため、野村證券の店舗型取引をインタネットでも行えるようにした「野村ホームトレード」と、そもそもネット取引を前提していた「野村ネット&コール」ではログイン画面も異なりますし、サービス内容にも差異があります。

その大きな違いは手数料で、「野村ネット&コール」の方が相対的に安く設定されています。しかし、他のネット専業の証券会社のものと比較すると高めの設定となっています。

元々のジョインベスト証券が提供していたネット取引サービスは、この手数料が他社と比較しても安く設定されていたので、野村證券との統合により高くなってしまったと感じる方も多いのが実情です。

また、出庫手数料が無料に設定されているため、手数料の安い他のネット証券会社に移ってしまう方も多いです。しかし、アベノミックスに乗じて新たに株取引などを始める方の中には、新興のネット専業会社と取引をするのは不安と感じる方も多くいます。

そういった方にとって、野村證券という伝統と信頼がある証券会社のサービスは魅力的な場合もありますので顧客数は多いです。

スポンサードリンク

新規公開株の提供

野村證券が運営している「野村ネット&コール」で取引する場合には、他の新興ネット専業会社のサービスとは決定的に違いがあります。それは、IPOの抽選が当たりやすいという点です。

IPOとは、Initial Public Offeringの略で「新規公開株」のことです。IPO株投資とは新規上場時に株を取得する権利を獲得し、上場日に売却して利益を得るものです。「野村ネット&コール」のIPO株投資の勝率は非常に高く、さほど株式投資の知識が無くても利益があげることができるため、投資家には非常に人気のあるものです。

企業が株式を上場する際には、IPOの主幹事を設定します。その主幹事には、他の証券会社よりも多くIPOを分配されます。「野村ネット&コール」の運営会社は野村證券であり、野村證券はこれまでの実績などから主幹事となる事が非常に多いのです。

IPOを分配された野村証券は、自社の口座を保有している顧客に対して、1口座につき1口の平等な抽選を行ない顧客にIPOを提供します。当然、「野村ネット&コール」口座の保有者にもIPOされることになりますから、IPO株投資をする顧客が「野村ネット&コール」に口座を開設します。

また、野村證券の有料コンテンツも「野村ネット&コール」に口座を保有していれば利用できるためにこのサービスを利用する方もいます。

 

野村ネット&コールの大きなメリット


野村証券と言えば、誰もが認める業界ナンバーワンの証券会社です。その証券会社が作ったインターネットに特化したシステムが野村ネット&コールになります。インターネット証券の各社をイメージして頂けたら分かりやすいでしょう。

正直、先発のネット証券に比較すると若干手数料は高めだと思います。それでも、野村証券本体やホームトレードで取引をされていた方には大きな前進だと言えます。しかも、野村証券という信用看板はそのまま引き継ぐわけですから、多少の手数料に目をつぶれば問題はないと思います。

実際、私自身が過去に何度も電話で売買をしてきましたが、今はネット&コール一筋です。もちろん、サポートも万全で、あらゆる疑問を懇切丁寧にオペレータが応えてくれます。さらに、インターネット上で野村の幹事証券IPO(新規公開株)に応募できるのも大きなメリットです。

野村ネット&コールの公式ホームページはこちら



 

 





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]