スポンサードリンク

日本で最初の国立美術館!東京国立近代美術館とは

東京国立近代美術館は、本館・フィルムセンター・工芸館から構成され、明治時代後半から現在までの日本画・洋画・版画・水彩・素描・彫刻・写真・映像などの作品を展示、コレクションしている日本で最初の国立美術館になります。

スポンサードリンク

 

東京国立近代美術館へのアクセス

国立近代美術館 本館

住所:東京千代田区北の丸公園3番1号

最寄り駅:東京メトロ東西線竹橋駅1b出口より徒歩3分となります。

 

東京国立近代美術館 工芸館

住所:東京千代田区北の丸公園1番1号

最寄り駅:東京メトロ東西線竹橋駅1b出口より徒歩8分、または、

東京メトロ半蔵門線・東西線・都営新宿線九段下駅2番出口より徒歩12分となります。

 

東京国立近代美術館 フィルムセンター

住所:東京都中央区京橋三丁目7番6号

最寄り駅:東京メトロ銀座線京橋駅下車 出口1から昭和通り方向へ徒歩1分、または、都営地下鉄浅草線宝町駅下車 出口A4から中央通り方向へ徒歩1分、東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅下車 出口7より徒歩5分、JR東京駅下車 八重洲南口より徒歩10分となります。

いずれも駅から近く、アクセスしやすい場所になります。ただし、東京国立近代美術館には駐車場がないので、周辺の有料駐車場を利用することになります。

 

東京国立近代美術館の入場料と開館時間

本館 工芸館の入館料 所蔵作品展 

入館料:一般500円 大学生250円 ただし、平成29年5月27日からの料金です。それ以前は、一般430円 大学生130円となります。高校生以下、および、18歳未満65歳以上・障害者手帳を持っている方は無料です。なお、本館の所蔵作品展の料金で、当日に限り、工芸館の所蔵作品展を観覧することができます。

無料観覧日: 毎月第1日曜日、および、国際博物館の日(5月18日)、文化の日(11月3日)、なお、無料観覧は所蔵作品展のみとなります。

開館時間:午前10時〜午後5時

 

フィルムセンター展示室の入館料

展示室入館料:一般250円、大学生・シニア130円、ただし、高校生及び18歳未満・障害者の方は無料となります。なお、料金は、常設展示(日本映画の歴史)の入場料を含んでいます。フィルムセンターの企画上映を観覧の方は、当日に限り半券の提示で団体料金が適用され大変お得になります。 

無料観覧日:国際博物館の日(5月18日)、および、文化の日(11月3日)

開館時間:午前11時〜午後6時半

 

フィルムセンター上映ホール

入館料:一般520円、高校・大学・シニア310円、小・中学生100円、障害者の方は無料となります。なお、特別企画、または、共催企画の際には、料金が変更になることがあります。

開館時間:上映作品によって異なります。

休館日:月曜日 年末年始 上演準備・展示替えの期間などになります。本館、工芸館、フィルムセンターの休館日は共通です。

 

東京国立近代美術館のレストラン

東京国立近代美術館60周年を記念してオープンした、本館2階に有名シェフ三國清三がプロデュースした「ラー・エ・ミクニ」が営業しています。

価格:ラー・エ・ミクニの価格は、ランチでも、税別で3,500円〜5,500円、ディナーは税別6,000円からとなっています。ワインやアラカルトのメニューも取り揃えているので、くつろいで食事を楽しむことができます。なお、小学生以下のお子様は、ランチのみ利用することができます。

営業時間 ランチ:午前11時半〜午後3時、L.O.午後2時半まで。ディナー:午後5時半〜L.O.午後9時まで。

定休日:日曜日のディナー、月曜日、年末年始となっています。

アートを鑑賞し心が満たされた後に美味しい料理でお腹も満たすことができますね。工芸館とフィルムセンター内には、レストランやカフェなどはありませんが、休憩室で飲食をすることは可能です。国立近代美術館は、重要文化財などの大作も多く所蔵しているので、是非一度足を運んで欲しい美術館です。

 

素晴らしい観光名所!東京国立近代美術館


東京国立近代美術館には東京に観光旅行に行ったときに訪れましたが、何度も行きたくなるような美術館です。作品の素晴らしさに感動の連続で何時間でも見ていられますし、美術館独特の静かな空間も落ち着いてくつろげる場所です。

海外の友達が日本に旅行に来た際も、ぜひ行ってみてとおすすめしました。豊富な所蔵作品は外国の方にも魅力的な美術館だったようで、他の友人に紹介するほど大変満足していました。

芸術は世界共通の言語のようですね!東京国立近代美術館は、世界に誇れる素晴らしい観光名所だと思いました。日頃あまり見ることのできない作品を間近に見ることで、芸術への関心も高まりました。また、東京に行く際には必ず訪れたい場所です。

 

東京国立近代美術館の公式ホームページはこちら



 

 





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]