ANAのマイルを貯めるには

ANAのマイルを貯めるためには、ANAマイレージクラブに会員登録することが必要です。ANAマイレージクラブとは、ANAが提供するポイントサービスのことです。マイルが貯まったら多種多様に渡る特典との交換が可能です。

ANAマイレージクラブへの登録は、ホームページ上で行い、入会すると自宅にANAマイレージクラブカードが郵送されてきます。このANAマイレージクラブカードは、ポイントカードの役割を果たすのですが、特にクレジットカードの機能は付帯していません。

スポンサードリンク

クレジットカード機能のあるANAカードというものもありますので、クレジットカードの機能が希望される方は、別途申し込みが必要になります。クレジットカード機能付きのANAカードなら、自動的にマイレージクラブに入会しているということになります。

 

ANAマイレージクラブカードとANAカード

ANAマイレージクラブカードとANAカードとでは、ANAカードの方がマイル貯まりやすいです。ANAの飛行機に乗るだけでなく、日常生活における買い物でクレジットカードを使用しても、マイルが貯まるからです。

クレジットカード機能付きのANAカードの方が、マイルの割合が向上したりボーナス分が付与されるため大変お得です。

ANAマイレージクラブの年会費は原則無料で、ANAマイレージクラブカードも無料なのですが、ANAカードであれば年会費に相当の幅があります。それも、無料から数万円というものですから、利用頻度などによって選択してみると良いでしょう。

 

ANAのマイルの特典とは

ANAのマイルが貯まれば、多くの種類の特典と交換できるのですが、ANAの航空券や旅行ツアー、それにホテルの宿泊であったり、レストランでの食事やギフトカードなどと多種多様です。いずれも大変お得なサービスですので、ぜひ確認しておきましょう。

ANAのマイルを貯めるのであれば、ANAマイレージクラブに入会しなければなりませんが、無料ですのでこの機会に是非入会をおすすめします。

 

カードの提示を忘れても大丈夫!

ANAマイレージクラブカードの提示を忘れてしまったという場合でも、事後登録可能なので、ぜひ申請してみましょう。

ANAのサイトからログインした後で、「マイレージカード情報」からANAマイレージクラブのお客様番号を登録するだけで、いつでも24時間手軽に手続きをすることができます。登録期間は、利用した日から3日以降半年以内なら可能です。

 

楽天ANAマイレージクラブカードとは

楽天カードとANAマイルとは、とても相性の良い楽天カードとANAマイレージクラブカードとのメリットを併せ持ったカード、「楽天ANAマイレージクラブカード」があります。

楽天ANAマイレージクラブカードの特徴は、ANAマイレージクラブカードのほかに、楽天カード、楽天ポイントカード、それに楽天edyといった、4種類の機能が合体した優れもののクレジットカードです。ポイントは、ANAマイルか楽天スーパーポイントか、どちらを貯めるのかを選べます。

初年度の年会費は無料で2年目以降から費用がかかるのですが、なんと年に1度でもカードを利用することによって、利用年度の年会費が実質無料となります。

ANAマイルと楽天スーパーポイント間では、ポイントを交換することが可能です。ANAマイルの1マイルに対して、楽天スーパーポイントは2ポイントというお得なレートです。ANAの航空券予約やボーナスマイル、キャンペーンなど、お得なサービスが満載なのが嬉しいですね。

 

かなり貯まる!ANAカードのマイレージ


ANAの飛行機を使ったついでにANAカードを作りました。クレジットカードが付随しているので、自然とANAのマイレージを貯めるようになりました。

よく飛行機に乗るので、ANAのマイレージが貯まって使うのが楽しみです。

買い物や公共料金の支払いにもANAカードで払っているので、かなりの勢いでマイレージが貯まりハワイ旅行に行くことも出来ました。

棚からぼたもち状態でハワイまでいけたのは、勝手に貯まるANAカードのお陰です!ずっと継続しているので、次はどこへ行こうかなと思っています。

カードの利用明細や請求のWEBでの確認はそれぞれのカードの公式サイトから確認しています。

ANAマイレージクラブの公式ホームページはこちら 

https://www.ana.co.jp/asw/AMCTopServlet

 

ANAの問い合せ先はこちら 

https://www.ana.co.jp/site-help/share/feedback/





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]