スポンサードリンク

大手キャリアと契約しているときは、月々のスマホ代が結構かかるなと感じていました。そんな時、DMMモバイルに乗り換えしたら大幅にスマホ代を節約することができたのです。今回は、今話題のDMMモバイル(DMM mobile)についてご紹介したいと思います。

 

乗り換えが簡単だったDMMモバイル

スポンサードリンク

DMMモバイルへの乗り換えは、とても簡単です。携帯電話番号ポータビリティー、MNPにて今の電話番号をそのまま使うことができました。

発行して貰ったMNP予約番号を使うと、契約は解約となるため手続きはとても楽でした。ただし、契約には15日間の有効期限があり、過ぎてしまうとMNP予約番号が失効してしまいます。そのため、手続きは早めにすることが必要です。

 

月々のスマホ代が安くなったDMMモバイル

DMMモバイルの格安SIMには、データ専用と音声通話付きと主に2タイプあります。私は、仕事でもスマホを使うため音声通話付きSIMを選びました。

データ専用のほうが月額料金は安いでが、DMMモバイルでは3GBの音声通話付きSIMでも月々1,500円と安いのが良いですね。

 

5分かけ放題のあるDMMモバイル

DMMモバイルの音声通話付きSIMでは、30秒につき20円の通話料が発生します。格安SIMならば大手キャリアのようなかけ放題が無いと聞いています。

スマホで通話することの多い私には、通話料がかさんでしまうと思っていました。そんな時でも、DMMモバイルには5分かけ放題のオプションがあったのです。

このオプションを付ければ、5分以内の国内通話なら月々たったの850円の負担だけでかけ放題になるのが良いですね。私は、仕事柄ほとんどの通話が5分以内なので通話料の節約ができています。

たとえ、5分以上通話しても通常30秒につき20円のところ、DMMトークアプリの利用により半額になります。IP電話と違い、電話回線を使用しているために音声の品質はとても良く満足しています。

DMMモバイルのマイページにログインし、オプションを追加することが可能です。そのため契約後にオプションを追加したい時には、簡単な操作で設定などの手続きができて大変便利でした。

 

DMMモバイルならネットの通信速度も満足

私には、格安SIMに乗り換えすると通信速度が遅くなると言うイメージがありました。私の場合、通話より使用頻度は高くありませんが、あまり遅くなり過ぎるのでは困ります。

DMMモバイルの評判を見た限りでは、混雑する時間帯以外は大丈夫そうです。ただ、格安SIMの通信には、APN接続設定が必要になります。

私の環境では、空いている時間帯なら十分な通信速度が出ており、高画質な動画を見ても問題無かったですね。混雑する時間帯だときついものがありますが、ホームページやメールやLINEなどの用途には十分対応できて満足です。

 

2年縛りの無いDMMモバイル

DMMモバイルの音声通話付きSIMの場合、最低利用期間以内に解約すると9,000円の解約手数料が発生します。最低利用期間は、1年後の月末日までとなっています。しかし、大手キャリアで見られるような長い2年縛りではありません。

そのため最低利用期間さえ過ぎれば、解約手数料を気にせずに乗り換えすることが可能です。余程格安なMVNOが登場しない限り、長く利用したいと思っています。DMMモバイルは2年縛りが無いところも良いですね。

 

バースト機能が利用できるDMMモバイル


DMMモバイルは価格が安いのはもちろん、データ通信において「バースト機能」が利用できるので非常に満足しています。低速プランや高速データ通信容量超過の場合、たしかに動画視聴は難しいのですが、このバースト機能の恩恵でテキストにちょっとした画像ファイルだけであれば、さほどストレスなく利用できるのです。

低価格で準備できることに併せて、この「バースト機能」が非常に魅力的で契約しました。DMMモバイルは、スマホでの用途がネット閲覧やメールくらいだという方にはぴったり合う商品で、通話品質に関しても大変満足しています。



 

 





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]