スポンサードリンク

 

深夜放送の定番オールナイトニッポン

ニッポン放送の看板ラジオ番組といえば「オールナイトニッポン」です。50年にも長きに渡る歴史の中で、様々なパーソナリティが番組を放送し、時代を生きる若者たちの流行や文化を発信してきました。

ミュージシャンや俳優、アイドル、お笑い芸人など、あまり普段の姿を知ることができない有名人による2時間の番組は、「オールナイトニッポン」でしか聞くことができません。

深夜の生放送というスタイルを貫き、リスナーから葉書を募集して紹介するコーナーを作り、聞いている人たちを積極的に番組に参加させることで「ハガキ職人」という文化まで生まれました。

現在では、個人が情報を発信することは当たり前のようになっていますが、パソコンもスマホも無かった時代からリスナーの投稿から番組を作るスタイルは、時代を先取っていたのかもしれません。今もなおその文化は受け継がれ、時代を彩るパーソナリティが日替わりで声を届けています。

気になる方は、ニッポン放送のホームページやradikoから番組表を調べることができるのでチェックしてみてください。

スポンサードリンク

 

さらにクリアになったラジオの音質!

ラジオはテレビより以前から存在する歴史あるメディアですが、スマホやパソコンに慣れてしまっている人々にとっては操作がわからなかったり、耳だけで聞く情報ツールにもの足りなさを感じている方もいるかもしれません。

かつては、高価なラジオを購入し放送局の周波数を合わせることで聞くことができたラジオですが、現在では、様々な方法でラジオを聞くことができます。

スマホやパソコンから聞くことができる「radiko(ラジコ)」やFMの電波でAMラジオの番組を聞くことができる「ワイドFM」など、従来のラジオから着実に進歩を重ね、より聞きやすくクリアな音でラジオを楽しむことができるようになっているのです。

FMの電波は、災害などで電波障害が起こった際でも、その影響を受けにくいとされています。最新の防災用品に併設するラジオは、電池や手回し充電などで動くため、ワイドFM対応ラジオは防災グッズとして常備することで災害時の情報収集に使うことができます。

ワイドFM対応ラジオは、家電量販店やラジオショッピングでも購入することができます。

 

ユニークな企画が盛りだくさん!

ニッポン放送では、ラジオを楽しんでもらおうと様々な企画を立ち上げています。ラジオであるため、あまり顔を見る機会のないニッポン放送のアナウンサーのカレンダーを発売するなどのユニークな企画は、いつも話題になっています。

また、毎年ゴールデンウィークに日比谷公園で開催されるニッポン放送の野外イベント「ラジオパーク」では、ラジオの公開収録やライブイベントなどが行われています。

他にも、毎年クリスマスイブに放送される24時間の特別番組「ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」では、毎年選ばれたパーソナリティが目の不自由な方に安心して横断歩道を渡ってもらえるように、音の出る信号機を設置するための募金を呼びかけています。

ラジオは生番組が多く、テレビとは異なり、素に近い状態で話してくれるパーソナリティが多いため、何気ないしゃべりの中に人間らしさが垣間見えて親近感を抱かせてくれます。

SNSの発展で有名人の近況などがすぐに分かるようになり、有名人をより身近に感じられるような時代になりましたが、そういった意味でラジオは、ずっと昔から有名人を身近に感じさせてくれるツールであったとも言えます。

 

気楽に聞けるニッポン放送のラジオ番組


ニッポン放送というと深夜午前一時から始まるオールナイトニッポンが看板番組であまりにも有名ですよね。売れっ子タレントやお笑い芸人さんが担当しますので、ファンでなくても楽しむことができます。

ニッポン放送のラジオ番組は、ほぼ24時間あります。聞きたい番組を聞き逃した方は、ラジコ(radiko)のタイムフリー聴取機能を使えば、過去一週間以内に放送された番組なら聞くことができますが、これは住んでいる地域の特定の番組に限られています。

また、聴取可能時間は、三時間までに限られていますが、全国のラジオ番組を聞きたい方は、有料会員になれば可能です。多くの番組はブログが公開されていますので、インターネット上から見ることができます。

地上デジタルやBS、CSなど、テレビ全盛時代ではありますが、ラジオも気楽に楽しめます。是非、チューニングを合わせて聞いてみてください。新しい発見があるかも知れませんよ。

 

ニッポン放送の公式ホームページはこちら



 

 





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]