スポンサードリンク

厚生労働省とは

厚生労働省とは、国の行政機関である省の1つです。主に「健康、医療、子ども、子育て、福祉、介護、雇用、労働、年金」などに関する政策分野を所管しています。

2001年(平成13年)1月の中央省庁再編によって、厚生省と労働省を廃止して統合し厚生労働省が誕生しました。

その責務は「国民生活の保障及び向上を図り、並びに経済の発展に寄与するため社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進並びに労働条件その他の労働者の働く環境の整備及び職業の確保を図ること」および「引揚援護、戦傷病者、戦没者遺族、未帰還者留守家族等の援護及び旧陸海軍の残務の整理を行うこと」と規定されています。

厚生労働所で出される省令は、各省の大臣が主任の事務について発する命令のことを言います。令の種類は「執行命令」と「委任命令」の2つがあります。

厚生労働局から通知される文書には、本当に様々な分野が含まれています。前述した通り国民の「健康、医療、子ども、子育て、福祉、介護、雇用、労働、年金」に関する分野を所管しているということは、「国民の命に関わることや、国民が生きていくために必要なことのすべてを厚生労働省が担っている」と言っても過言ではないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

厚生労働省のホームページ

 


 

厚生労働省のホームページは日本語だけではなく、英語に変換して読むことも可能です。厚生労働省のホームページには、多岐にわたる情報が盛り込まれています。

その例を挙げてみると「インフルエンザ」に関しては「今冬のインフルエンザの総合対策について」、「インフルエンザの啓発ツール」、「インフルエンザQ&A」が掲載されています。

細かく見ていくと「今冬のインフルエンザの総合対策について」は、インフルエンザの流行状況やインフルエンザワクチンや治療薬の確保の状況などが掲載されています。

「インフルエンザの啓発ツール」としては「マメゾウくん」と「アズキちゃん」というキャラクターをポスターやシール、動画などにして予防法や手洗いのやり方などを解説してくれています。

「インフルエンザQ&A」では一般の人にも分かりやすい言葉で、「インフルエンザと普通の風邪の違い」や「インフルエンザにかからないためには、どうしたら良いか」や「インフルエンザにかかってしまったら、どうしたら良いか」、また「インフルエンザのワクチン接種について」や「インフルエンザのワクチン接種によって起こる副反応にはどのようなものがあるのか」などが丁寧に答えられています。

「もしかして、インフルエンザかな」と不安になってしまった時などには、とても役に立ってくれると思います。

厚生労働省が発表している統計にも様々なものがあります。厚生労働省が所管している「国民の命と生活」の分野において細かくデータ化されています。ご自身で興味を持たれた分野の統計を見てみるのも、とても勉強になるかと思います。

 

子育て支援制度

 


 

厚生労働省の子育て支援制度についてなんですが、これからの少子化問題で考えなければならないのは補助金がどれだけどんな時に出すかによると思います。

一般的に経済面で厳しい共働き夫婦の場合、子供を出産することをためらっている方も多いと思います。待機児童問題では毎回ニュースになっている保育所の入所問題など、余計に子供を産むと言うことをためらってしまうとこも原因の一つだと思われます。

それらを改善するためには、1人目の子供を出産した際でも補助金がたくさん出ると言うことが大切なんじゃないでしょか。

現在では、各地方で補助金の額は違いますが、3人目以降の出産で補助金が出ていますが、このご時世で3人目を出産するまでにも、どれだけ経済面的に大変なのか少し考えれば分かることだと思います。

特に出産するにあたって、体力面でも若い世代の出生率が高い方が良いと思いますが、若い世代が3人以上を出産するのに経済面的に叶うかと言われればとても無理があります。

そのため、出産の人数に関わらず補助金が出ると分かれば、今よりもっと安心して子どもが産めると思います。

厚生労働省の方々には、ぜひ自分たち目線ではなく国民一般の目線でその声をリアルに聞いて、早急に対策を打ち出してもらいたいです。

厚生労働省⇒http://www.mhlw.go.jp/





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]