スポンサードリンク

FC東京やり過ぎ?否やり過ぎじゃない

このオフ、我がFC東京は、サポーターすらビックリするような移籍の連発で大規模な補強を敢行したんです。

他のチームのサポーターからは「やり過ぎ」「獲得すれば良いってもんじゃない」「最後は空中分解でいつもの中位」なんてやっかみが聞こえてくるようです。

U18から昇格してきた選手やU23チームでJ3のメンバーとして闘ってきた選手からしたら勘弁してよって思うかもしれないですね。

FC東京バレーチームのファンからは、「予算分けてよ」なんて言われたりするけど、仕方ない!いや個人的にはまだまだ足りないですよと反論したいのですよ。

掲示板やブログで講釈垂れて苦言を呈する連中いるけど、そういう人はFC東京がどういうクラブにならないといけないかが全く分かってないんです。

よく「Jリーグにはビッククラブがないからダメなんだ」と言うスポーツライターがいます。まさにその通りで、世界のサッカーリーグには総じてビッククラブがいます。

スポンサードリンク

そして、そういうビッククラブはその国の首都に存在します。そうです、Jリーグのビッククラブは浦和や鹿島じゃなく、本来なら我がFC東京がならないとダメなんです。なのに、リーグは毎年安定の中位。カップ戦は安定のそこそこの成績。これじゃ情けない!

このオフの移籍劇には「FC東京をビッククラブにするんだ」という意思を感じているし、選手からもそういう強い意思のコメントが出てきているので嬉しいです。

何処かぬるかったチームに熱き魂を吹き込んでくれるそんな感じがしませんか?大久保とピーターウタカ共存するのムリだろ?なんて2ちゃんねるやブログで書いてあっても気にしない。

だって彼らはプロです。真のプロならばどんな状態でもベストに持っていくのですから。今までのFC東京はそれが出来ないから、そこそこの成績しか残せなかったんです。大久保に林に高萩に帰ってきた宏介に変えてもらいましょう!

私の理想のFC東京というクラブは、FC東京のユニフォームを普通に着て東京の街を歩けるように、チケットはシーズンパスと前売り券だけで完売して当日券の販売が無いのが毎試合というのが理想です。

今のFC東京ってそんな理想からあまりにも距離があって歯がゆいんです。けれど今年はその歯がゆさを打ち破ってくれると信じてるし、それがJリーグを更に良くすることに繋がると思っています。

34試合終わったときにキャプテンの森重がシャーレを掲げて絶叫する姿に涙したいです。否もっと早くに決めてもらいたいです!

 

はじめてのサッカー観戦

 


 

もともとサッカーやスポーツに興味があり、1度観戦してみたいと思っていました。そんなとき、知人がサッカーのチケットが取れたから一緒に行かないかと誘ってくれました。そのチームがFC東京対柏レイソルの試合でした。

私は即ざにぜひ一緒に観戦したいと伝え、一緒に観戦することにしました。試合会場は柏にあるサッカー場で、当日は現地集合で待ち合わせをしました。

実際サッカー観戦は初めてでどういう格好で行ったらよいのか分からず、まず少しスポーティーな格好のほうがいいのかなとなんとなく思い、いつもよりスポーティーな格好で向かいました。

そうして現地に着き、知人とも合流して試合までの時間にいろいろ話をしました。何度か試合観戦をしているようで、知人はFC東京のファンなのでFC東京のタオルもしっかり首にかけていて知人の気合いが感じられました。

会場には、サポーターの方もユニフォームを着ている方もたくさんいて、初めての私はその気合いに試合がはじまる前から圧倒されっぱなしでした。そうこうして、試合が開始され、俄然気合いが入ったサポーターの声が響きわたっていました。

得点シーンでの一体感は本当にすごいものがありました。試合が終わる帰り道も興奮が収まりませんでした。ぜひまた一緒に観戦に行きたいと強く思い、知人にまた誘ってほしいとお願いしました。すっかりファンになっていました。

 

スポンサードリンク


FC東京⇒http://www.fctokyo.co.jp/

 





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]