スポンサードリンク

月曜日、朝日が昇り出勤途中のコンビニで日刊スポーツを購入するのが、私の一週間の始まりです。コーヒーを飲みながら、一面にある野球記事に軽く目を通します。そんな、私の必需品、日刊スポーツについてお話したいと思います。

 

日刊スポーツの見どころ

シーズンが始まり5月を過ぎた頃にはプロ野球の投手、野手の防御率や打率を欠かさず見ています。好きな球団は日本ハムですが、実は、大阪の友人の影響で阪神タイガースの今岡選手も応援していました。

幼児や小学生にサッカーを指導していることもあって、Jリーグや海外サッカー、高校サッカーの記事があれば必ず目を通しますが、やはり日本は野球文化なので記事の質と量が違うのは仕方がないところなのでしょうか。

ただ、甲子園に負けず劣らず高校サッカーの選手権は特に熱いです。

芸能記事やニュース速報、占いなどの記事はほとんど読みませんが、競馬ページを新聞から剥がして、競馬のページを小さく折りたたんで入念に記事をチェックしています。

私は、とにかく競馬が大好きなので、月曜日の日刊スポーツは昨日の結果や週末の重賞レースの馬柱が充実しているので、ここだけでも30分以上は時間をかけて読んでいます。

スポンサードリンク

ジーワンの週は馬柱も豪華になっていて週始めからテンションが上がるので、仕事が手に全くつきません。これは嬉しい悲鳴ですね。ジーワン以外の週でも、もっと盛り上げてほしいと思っています。月曜日に買う日刊スポーツの120円分は、ほぼ競馬だと思っています。

週中でも日刊スポーツを購入することはありますが、日課という訳ではありません。これは競馬メインの見方になるので、正直なところ他のスポーツはあまり良く知りません。

土曜日の朝には、いつもより早く起きてコンビニへ向かいます。日刊スポーツの競馬欄は他社に比べてとても見やすいので、学生時代から愛用させて頂いてます。

特に、木南さんの印は一通り目を通しています。本紙になるまでは、高木さんの印も見ておりましたが、哲三さんの調教チェックはしっかりと見させてもらってます。いぶし銀のいいジョッキーだった哲三さんの話だけでもいけますね。

土曜の夜に他紙を購入することもありますが、日曜日の朝の競馬場に行く前に私は必ず日刊スポーツを購入します。競馬場に着いて指定席に座ると、何よりもまず先に競馬欄を見ています。

日曜日の日刊スポーツで1番の楽しみは王様の予想です。ほんの少しのスペースですが、私は非常に楽しみにしています。とにもかくにも競馬ライフの必需品、日刊スポーツは、競馬を楽しむ上で最高のアイテムです。

 

競馬情報なら日刊スポーツです

 


 

日刊スポーツは、1946年に日本で初めて創刊されたスポーツ紙です。今では数多くのスポーツ紙が発行されていますが、やはり、他紙と比べると信頼できるイメージがあります。

人によって読むページは違うと思いますが、自分は主に競馬欄を愛読しています。

もちろん、予想が当たっていることが一番重要だとは思いますが、個人的には馬柱が見やすいかとか、何走まで掲載されているかってことも重要です。

その点、大きなレースの時は大きな馬柱がカラーで掲載され、データも豊富なので、予想する上でとても頼りにしています。中でも、日刊スポーツがいいなと思うのは、コラムが豊富なことこです。

トラックマンのコラムはもちろんのこと、現役ジョッキーや元競馬関係者、タレント、馬主などコラムを書いている人も多彩です。

予想というより、読み物としてとても面白いと思っています。中央競馬だけでなく、南関東など地方競馬の情報も大きく掲載してくれるのは有り難いですね。

専門誌はそこの地域でしか販売されていないので、スポーツ紙の情報をとても役に立ちます。これからもずっと扱ってほしいと思っています。

また、芸能スクープも多く、いつも楽しませてくれると思います。スポーツ紙はやはり野球とサッカーの紙面が多いのは仕方ないのかなと思いますが、もっといろいろなスポーツを結果だけでなくアスリートのコメントなどたくさん掲載してくれると嬉しいですね。

 

スポンサードリンク


日刊スポーツ⇒http://www.nikkansports.com/





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]