スポンサードリンク

ビジネスに特化したサービスとして世界中で利用

現代社会では、ソーシャルネットワーキングサービスが普及しており、運営企業は様々なタイプのソーシャルネットワーキングサービスを展開しています。

マイクロソフト社の新しいSNS「linkedin」とは

linkedinは、そのような多数あるソーシャルネットワークの中でもビジネスに特化したサービスとして世界中で利用されています。

私の場合は、個人プレミアム契約で利用していますが、様々な業界の人々と意見交換などをする為に活用しています。他の業界の人々とはなかなか会う機会が無いという人々にとっては、ビジネスの幅を広げる為の窓口として活用していきますと有効利用出来るでしょう。

スポンサードリンク

linkedinの機能


linkedinの機能は、他のソーシャルネットワーキングサービスと基本的に同じですが、ビジネスに特化されていますので、企業や企業に所属する人々などと知り合う機会を創出するのに向いています。

メッセージの交換やブログのようにタイムラインに合わせて出来事などを書き込んでいくといった機能を使う事で情報発信や情報交換を行えます。

 

すでに海外を中心に参加者が多い

linkedinは、海外生まれのソーシャルネットワーキングサービスですので、世界中に多くの会員がいます。これは、海外へ事業を展開したい人々にとっては大きなチャンスであり、linkedinを活用する事で世界の企業で働く人々とビジネスを進めていく事が可能になります。

便利なメールシステム

#FlashbackFriday to that time Hult students visited #Linkedin HQ 💁🏻 #Hult #HultSF #GlobalGeneration @hultsanfrancisco

Hult Int’l Business Schoolさん(@hultbusinessschool)がシェアした投稿 –


スポンサードリンク

linkedinの魅力は、様々な業界の人々が使っているという事だけでなく、ビジネス特化型ソーシャルネットワーキングサービスならでは検索機能や内部メールシステムにあります。 一般的に、営業担当者が企業の決定権を持つ人々に接するには、電話やメールでは難しいです。それらの人々は、常に膨大なメールや電話が着ますので、必要なものに絞っている事が多いからです。社長クラスの人々であれば、秘書がそのメールや電話の管理を行っていますので、必要な情報源と不用な情報源を仕分けていきます。 しかし、linkedinには、InMailという内部メールシステムを使う事で、有料アカウントの人々同士でメールのやり取りを直接行えるようにします。営業電話よりも返答率が大幅に向上しますので、ビジネスでソーシャルネットワーキングサービスを使う利点はたくさんあります。 linkedinを活用する場合において、どのような使い方をしたいのかを考慮し、ビジネスの幅を広げる為の手段として使っていく事で多くの人々とコミュニケーションを深めていく事が出来るようになるでしょう。  

linkedinの使い方のポイント


 

LinkedIn でコンタクトを作る手段「つながりリクエスト」


LinkedIn メンバーが別のユーザーにつながりリクエストを送信し、そのユーザーがこれを承認すると、両ユーザーはお互いの 1 次コンタクトになります。つながりリクエストの詳細はこちら https://www.linkedin.com/help/linkedin/answer/10333/-?lang=ja  

linkedinでの足跡の消し方


相手に誰が見たのかわかってしまうLinkedIn。こっそり見たい場合は足あとを消しましょう。 https://www.linkedin.com/pulse/linkedin  

linkedinログインページ


https://www.linkedin.com/uas/login  

ビジネス向けのSNSの感想


フェイスブックやツイッター、インスタグラムなど、さまざまなSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)が普及していますが、これから日本でも普及しそうなSNS、LinkedIn(リンクドイン)についての体験談を紹介します。 私がLinkedInを始めたきっかけは、海外の大学へ留学していた時でした。アメリカの大学に本科生として在学していたのですが、卒業間近になり就職活動を始める学生向けのセミナーでLinkedInの存在を知りました。 私はその時に初めて知ったのですが、現地の学生は大学の在学中の早くからLinkedInを使用しコネクション作りをしているようでした。私がそのセミナーで学んだことは、LinkedInは本名での登録が必須とされているビジネスシーン向けのSNSということです。 LinkedIn上には、自分の学歴や職歴、資格などを登録します。また、友人や同僚などに推薦文章を書いてもらい掲載することも可能です。 そのため、企業側は採用面接に来た人のLinkedInなどをチェックし、その採用面接に来た人を客観的主観から知ることが可能です。ヘッドハンターなどもLinkedInを使用して候補者を検索し、採用活動を行うことがあるため、登録するだけで就職・転職活動の幅が広がることになります。 また、企業側も求人情報などをLinkedIn上に掲載することも多いです。私は、就職活動の際に、興味のある企業をLinkedIn上でフォローし、常にその企業の求人情報を追っていました。 そして、LinkedInを通じて何社かに応募し、面接の機会をいただきました。企業側としても、LinkedIn上で候補者の情報をある程度知っておくことができるため、LinkedInでの採用活動を便利と感じているようでした。   Microsoft社がなんと3兆円で買収したLinkedInでは広告も出稿できます。日本の企業もこれから使っていくべきプラットフォームになると思います。







コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]