スポンサードリンク

世界中が熱狂するプレミアリーグ

世界中で人気のスポーツ、サッカーですが、その中でも取り分け注目を浴びるリーグが存在します。

イタリアの「セリエA」、ドイツの「ブンデスリーガ」、スペインの「リーガエスパニョーラ」、そしてイングランドの「プレミアリーグ」です。今回はその中でも「プレミアリーグ」についてお話したいと思います。

世界の主要サッカーリーグで、人気・実力ともに高く評価されています。また、世界で愛されているあらゆるスポーツの中で、もっともTV視聴されているリーグとも言われています。

 

プレミアリーグの歴史

スポンサードリンク

主なクラブとしては、アーセナルや、マンチェスターユナイテッド(マンU)が有名ですね。他にもチェルシー、リヴァプールを加えて「ビッグ4」と称し、近年ではマンチェスターシティ、トットナムも含め「ビッグ6」となっています。

誕生は意外に若く、1992年に、イングランドのプロサッカーリーグの改編に伴い、フットボールリーグから分離して新設され、20クラブが所属する形でスタートしました。

元々は1888年に発足した「イングリッシュフットボールリーグ」のトップリーグで、それまでは「ディビジョン1(一部)」と呼ばれていました。日本の「JFL」の一部リーグが「Jリーグ」になったようなものですね。

俗に言う「外国人助っ人枠」が存在しないのが特徴で、主にヨーロッパ圏の選手は労働許可書も必要ないとされます。例外もあるようですが、他地区の選手は「過去2年間の代表Aマッチ75%以上出場」の条件をクリアしないと許可書が発行されないそうです。それに加え、FIFAランクで、70位内の国であることも必要となります。

因みに「イギリスリーグ」ではなく「イングランドリーグ」ですが、イギリス国内の協会である「ウェールズ」「スコットランド」「北アイルランド」と、「アイルランド」も「イングランド人」扱いとなります。


トップチームへの登録は25人とされ、その内一試合の登録は18人(スタメン+7人)までとの規約になっています。また、ホームグロウン制度というものがあり、「地元枠」として、7人の選手を登録しないといけません。また、23歳以下の選手は登録人数の規制にかからないそうです。

因みに「プレミアリーグ」との名称は、ロシアや、スコットランドのサッカーリーグや、その他スポーツなどでも使用されることも多いと思いますが、単純に「プレミアリーグ」と言えばほぼ、イングランドのサッカーリーグの事と思って間違いはないと思います。

 

<ダービーマッチ>


イングランドはダービー発祥の地とも言われており、このプレミアリーグでも様々な「ダービー」が繰り広げられています。

マンU×マンチェスターシティ(マンチェスターダービー)

マンU×リヴァプール(ノースウエストダービー、またはイングランドダービー)

アーセナル×チェルシー(ビッグロンドンダービー)

アーセナル×トットナム(ノースロンドンダービー)

リヴァプール×エヴァ―トン(マージ―サイドダービー)

ニューカッスル×サンダーランド(タインウェアダービー)

などが有名なところでしょう。あまりサッカーを見たことが無くても楽しめるかもしれません。

 

プレミアリーグの最大の特徴

プレミアリーグの最大の特徴としては、莫大な放送権料をある程度均等に分割することにより、チーム格差が少ないことも挙げれます。つまり、昨年下位に沈んだチームが「上位入賞」どころか優勝を果たすこともままあります。

ならば、数年通してこのプレミアリーグに注目すると、より楽しめること間違いないです。特定のチームを贔屓にしないでも、順位表を見ながら一喜一憂してみるのも面白いと思いますよ。

人気・実力ともに高く、特定のチームしか優勝しないなんてことの無い、世界最高峰のサッカーリーグ「プレミアリーグ」。あまり興味のない人にこそお勧めできるリーグなのかもしれません。興味を持たれたのなら一度ご覧になってみては如何でしょうか。

 

マンチェスターユナイテッド対マンチェスターシティ戦

大学生の頃、イギリスへ7泊旅行に行ったときにプレミアリーグを観戦しました。その旅行では、ロンドンだけでなく、イギリスの各地へ行きたいと思ってマンチェスターやリバプールにも行きました。

それまで、私は、あまりサッカー観戦をしたことがなかったんですが、旅行雑誌にプレミアリーグは凄いと書いていましたので、チケットを取りました。

マンチェスターユナイテッド対マンチェスターシティの試合でした。いまいちその試合の意味はわかってなかったのですが、マンチェスターダービーと呼ばれる歴史的な一戦だったということを帰国して男友達から聞かされ、良い試合を観たんだなと思いました。

さて、試合はといいますと、開始からスタンドが揺れる感じがありました。小さい頃にjリーグを見たことがあるんですが、全然違う雰囲気でした。そして、開始直後に、いまやレアルマドリードで大スターのクリスティアーノロナウドがゴールを決めました。

すると、スタンドの熱狂やヤジが最高潮となって、地震みたいに揺れました。その後、なかなかゴールが決まらないまま、後半40分、再びクリスティアーノロナウドがゴールを決めて試合が終わりました。スタジアムは、試合後も、盛り上がっており、未だにサッカーの試合を見るたびに思い出します。

スポンサードリンク





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]