スポンサードリンク

 

大勢の観光客が訪れる清水寺

日本有数の観光地である京都には、一年を通して国内外を問わず大勢の観光客が訪れます。そんな京都の中で、観光の基本中の基本!とも言える場所が「清水寺」。寺社仏閣を巡る京都観光でも、まずは清水寺を訪れないと始まりません。

世界遺産にも登録されている清水寺は名前が有名なだけでなく、観光地としても非常に見ごたえのあるお寺です。今回は清水寺について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

清水寺のアクセス

観光で京都を訪れる人が最初に降り立つであろう京都駅。ここから清水寺までのアクセスは、京都市バスを使うと便利です。206系統東山通北大路バスターミナルゆき、もしくは100系統清水寺祇園 銀閣寺ゆきに乗車し五条坂で下車。そこから徒歩10分ほどで到着します。

清水寺までの道にはたくさんのお土産物店が軒を連ねているので、楽しみながら歩くことができますよ。

周辺に駐車場はありますが、春や秋の繁忙期や混雑が予想される場合には観光ツアーのバスやタクシーが優先されるため、マイカーは駐車できない場合があります。ぜひ公共交通機関を使って訪れるようにしましょう。

%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba2
 

拝観料金

拝観料は高校生以上が400円、中学生以下は200円。開門時間は朝6時となっています。この開門時間は京都のお寺の中でも非常に早い方です。

時間の融通が利く方や泊りがけで京都観光をされる方には、早朝に清水寺を入場することをおすすめします。朝はまだ境内も混雑しておらず、静寂の中の散策を楽しむことができます。

また清水寺の散策路からは京都の街が一望できるため、晴れた日は朝日に照らされる京都市街を見ることができます。これは早朝ならではの醍醐味です。

 

清水の舞台の楽しみ方

清水寺の見どころはズバリ、「清水の舞台」です。

清水寺の散策コースどおりに歩くと、清水の舞台の上から境内を眺める→散策路から清水の舞台を眺める→清水の舞台を下から見上げると、3つの方法で清水の舞台を楽しむことができます。春や秋には、清水の舞台と桜・紅葉の競演が何よりの見どころとなるでしょう。

また、清水の舞台は釘を一本も使わずに造られていることでも有名です。清水の舞台自体は写真などでもよく見かけますが、舞台の構造がどうなっているのかはあまり知られていないのではないでしょうか。

ぜひ現地に足を運んで下から見上げて、長い歴史の中で受け継がれてきた伝統の建築を堪能してください。

清水寺は京都観光の基本。お寺自体も周辺のお土産物屋さんも、本当に見所がたくさんあります。ベタだから敢えて避けたりと考えずに、ぜひ一度訪れてみてください。京都観光は、ここから始まりますよ。

 

清水寺へ行ってきました!

 

スポンサードリンク
清水寺は、京都東山にある音羽山の中腹に建つ寺院です。建立されたのは、平安京遷都よりも古く、宝亀9年に開山されたと伝えられています。

清水寺の一番の見所なのですが、CMや広告などでも写真などでよく使われている「清水の舞台」で有名な本堂です。崖下からの高さですが、18mもあるので、「清水の舞台」からは京都市内が一望することができます。よく、清水の舞台から飛び降りるつもりで、とは言うもので、実際にそこに行くと私は足がすくんでしまうほどの高さです。

でも、紅葉の季節に行くと、京都の景色がさらにきれいに見えるので、日本の秋という印象を受けることができます。

また、清水坂は多くの土産物店でにぎわっているので、観光客もとても多くいます。観光客がとても多くいるのも、清水寺ならではといった感じがします。土産物店は、土産物店ならではの楽しいものばかり売っているので、どれをお土産で買っていこうかと本当に毎回悩んでしょうがありません。もう全部買ってしまいたいのですが、私のお財布がそれを許しません。

京都といえば、八つ橋や湯葉なども色々な種類が売っているのでもちろん買いますが、なんといっても私が好きなのは、お漬物です。お漬物は必ず買いますが、京都の清水坂で購入するのは、べったら漬が最高です。

清水寺の公式ホームページはこちら http://www.kiyomizudera.or.jp/





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]