スポンサードリンク

名古屋グランパス

元々はJリーグ発足時から君臨するオリジナル10でありながら、昨季の低迷により遂に降格してしまった名古屋グランパス。降格が決まってから選手の移籍が相次ぎ、ネットのニュースや超名古屋グランパス掲示板などでは散々な言われようでした。

余談ですが、名古屋グランパスの元々の名前は「名古屋グランパスエイト」なんですよね。

本拠地の名古屋市の市章が丸の中に八のマークというところからグランパス「エイト」と名付けられたのですが、サッカーは11人でプレーするのに「エイト」と付いていると紛らわしいということで「グランパス」に改称したと聞いたことがあります。

さて、今季からJ2の舞台で戦っているグランパスですが、J2の試合ではストライカーとゴールキーパーが重要だと言われています。

%e5%90%8d%e5%8f%a4%e5%b1%8b%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%b9
スポンサードリンク

どのチームも登録選手の全てでスター級の強力な選手を揃えることは難しいので、より得点に絡むポジション、センターフォワードとゴールキーパーに有力選手が居るところが上位に食い込むというものです。

その点、今季のグランパスは多くの主力が移籍してしまいましたが、元日本代表キーパーの楢崎を擁し、得点王に輝いたこともある佐藤寿人、J2では実績がある永井龍など高い得点能力を持つ選手も加入しました。

監督も川崎フロンターレで実績を残した勝負師、風間監督が就任してくれたので昨季より期待が持てるでしょう。キャプテン田口が残り、元日本代表の玉田が復帰。他チームで主力級だった八反田、小林らの選手も加入しました。

はっきり言ってJ2の中では圧倒的な選手層だと言えます。多少ケガ人が出ても、リーグ戦を戦えるくらいの戦力は十分に揃っています。

選手が大きく入れ替わったことを不安視する意見もありますが、パス中心の風間サッカーにシモビッチを軸にしたセットプレーやブラジル人中心の速攻をプラスしていく攻撃的なサッカーにプレースタイルを大きく転換していくところです。

全員がフラットに新しいスタイルを受け入れることができる、という意味では悪いことばかりではないかもしれません。

過去に1年でJ1に復帰したチームは降格後も従前の主力選手がしっかり残り、仕上がった連携で圧倒的な成績を残し、J2を制覇してきました。

それで言うと選手が大きく入れ替わったグランパスは、過去の成功チームとは少し違う状況に居ます。風間サッカーの浸透には少し時間がかかるかもしれません。

それでも、今季グランパスは、やってくれるだろうと思います。開幕戦で満員に埋まったサポーターへ、J2優勝のトロフィーをもたらしてくれるでしょう。

私もレプリカユニホームを着て、瑞穂競技場のゴール裏に旗を振りに行きたいと思います。

 

今年はJ2の舞台で

%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc
名古屋クランパスは、天皇杯1回、リーグ優勝1回を誇るJリーグを代表するクラブです。そんなチームが今シーズンはJ2の舞台で戦うことになりました。

昨シーズン新監督に名古屋グランパスでも活躍したレフティモンスターこと、小倉隆史新監督を迎えてのシーズンでした。

改革を求められる中GMも兼任して、期待がされてはいましたが、シーズン序盤から黒星を重ねてしまい、降格圏に沈むことが多くなり、チームは苦渋の決断をし小倉監督の解任を決めました。

小倉監督は1年持たずの解任となってしまい、非常に悔いの残る結果となってしまいました。後任を任された監督もチームを立て直すことができずに、残念ながら初の降格となってしまいました。

このシーズンを見ていて、改めて監督選びの重要性を感じました。現役を退いてから、小倉監督は現場ではなく主に解説者としてテレビで活躍してきており、監督の経験はもちろんのことコーチの経験すらない状況での就任でした。

現場での経験があれば監督としてチームを勝利に導けるかというと、そんなことはないと思います。ですが選手たちに伝える言葉に説得力をもたせることができると考えます。

小倉監督には今後どこかのコーチとして経験を積み、また監督として帰ってきてくれることを期待しています。

今シーズン開幕戦チームは見事2-0で勝利し、昇格に向けて最高のスタートを切ることができました。この調子で勝つ続けて、J1昇格を優勝で決めてほしいと思います。

スポンサードリンク


名古屋クランパスの公式ホームページはこちら http://nagoya-grampus.jp/





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]