スポンサードリンク

データ保存ができる便利なサービス、iCloud

iCloud(アイクラウド)は、iPhone、iPad、iPod touchなどを販売するアップル社が提供しているオンラインストレージのことです。

インターネットが生活に欠かせないものとなった現在、iCloudはとても身近な存在になっています。そんな、iCloudについてまとめてみました。

cloud
スポンサードリンク

 

iCloudとは

iCloudは、主に文書や連絡先、さらには画像や動画などの保存や、iPhone、iPad、iPod touchなどに保存された設定やアプリ内データのバックアップ先としても使用することが可能です。

iCloudは、ただ単にiPhoneなどからデータを保存するだけではなく、保存されたデータを他の端末でも最新の状態に同期という機能を持っています。iPhoneで登録したブックマークを、iPadなどでも同様に使えるサービスです。

 

iCloudを手動でバックアップする方法

iCloudをiPhoneやiPadなどのデータのバックアップ先として使用している方にとっては、iPhoneの修理や機種変更の際にとても役立ちます。

iPhoneやiPadをiCloudに手動でバックアップする方法ですが、まずiPhone、iPad、iPod touchを通信速度が安定しているWi-Fiに接続します。その後、設定アプリからiCloudバックアップを選び、バックアップを選択します。

次に表示された画面の下にある「バックアップを作成」ボタンを押します。画面が変わりバックアップの作成中の画面になったら完了するまで待ちます。完了したら画面の下の方に完了時間が表示されます。

 

iCloudを自動でバックアップする方法

自動でバックアップを取る場合は、まず充電器に接続し、Wi-Fiに接続します。その後、iPhoneやiPadなどの画面ロック(スリープモード)にした状態で放置することにより、自動的にiPhoneやiPadのデータがiCloudにバックアップされます。

データが消えないように、普段からiCloudにバックアップを取っておきましょう。iPhoneやiPadのアップデートが新しく配信された場合には、アップデート前にバックアップを取ることをおすすめします。

 

本体交換や機種変更の使い方

iPhoneやiPadを修理で本体交換になったり、機種変更で新しいiPhoneやiPadにした場合は、iCloudで取ったバックアップのiPhone、iPad、iPod touchのデータを復元することで、今まで通り使い続けることが可能になります。

復元に掛かる時間はバックアップしたデータの量にもよりますが、30分から1時間程度で完了します。

 

データを復元する方法

large
iCloudからのデータを復元する方法は、初めにiPhone、iPad、iPod touchの初期設定時を進めていくと「Appとデータ」という画面になります。その画面にある「iCloud バックアップから復元」いう項目をタップします。

その後、Apple IDでログインをしたら、今まで取ったiPhone、iPad、iPod touchのバックアップが表示されるので、復元したいバックアップデータを選択します。

さらに、Apple IDのパスワードが要求されたら、入力後復元が開始されます。復元が無事に完了すると、iPhoneやiPad・iPod touch再起動され初期設定の続きとなります。

初期設定が完了しApple IDのパスワードをもう一度入力し、App本体の復元が始まり完了すると、iCloud バックアップからの復元が完了します。

 

iCloudのストレージ

時々、バックアップしているiCloudに不要なデータがいっぱいになあることがあります。iCloudのストレージ(容量)に画像が溜まって保存しているがいっぱいになる前に、不要なデータを削除するか、別のiCloudに整理するようにしましょう。

 

iCloudはデータ保存ができる便利なサービス

icloud
iCloudを実際に利用するまで、何に利用出来るのかイメージするのが難しい印象がありました。実際に利用すると様々な事が簡単に行えるようになってから、iPhoneを購入した事は正解だったと思うくらい素晴らしいサービスでした。

iCloudの最大のメリットは、様々なデータを自動的に保存する事ができ、iPhoneで作ったデータを、さらにMacで仕上げる事も可能な点です。

iCloudが利用できるアプリは様々ですが、例えば、iPhoneのメモ帳に書いたものを、Macで続きを書いたり出来るので仕事でも活用出来ます。

仕事で使う文章や画像データなどは、主にiCloud Drive(アイクラウド ドライブ)を活用しています。

さらに、iCloudに保存されている情報を閲覧するのに、iCloud.comにサインインをするだけで自宅にいながらパソコンでも作業ができます。

私の家では夫婦でiPhoneを使用していますが、メールや音楽はもちろん、子供を撮影した写真を共有する際にもiCloudが便利でいいですね。

実家のお母もiPhoneなので、子供の写真を撮影してはフォト ライブラリの写真を簡単に共有出来るので、家族が離れていても繋がりを感じやすくなるメリットがあると思います。

また、もう一つ重要な機能としては、iPhoneのデータを自動で保存する事が出来るのも嬉しい機能です。バックアップを残す事はIT機器を使用する上でも大切な事ですが、つい忘れてしまう事もあるでしょう。

しかしiCloudの場合は、一度設定すると自動で保存してくれるので、私のように保存や確認を忘れがちの方は絶対におすすめです。

iCloudの公式ホームページはこちら 

http://www.apple.com/jp/icloud/

 

 





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]