スポンサードリンク

アベノミクスとは

そもそもアベノミクスとは、経済を意味するエコノミクスと安倍晋三総理のアベを掛け合わせた造語です。つまり、安倍総理による経済対策といったところです。

アベノミクスには3本の矢と呼ばれるものがあり、まず第1の矢に大胆な金融政策。こちらは、簡単に言えばお金を増やしますということです。

デフレとは、市場にお金が出回ってないことです。ならばお金を増やせば良いじゃないかということなのです。具体的には、銀行の金利を低くしたり、銀行が貸し出せる金額を増やしたり、お札を刷って増やしたりするということです。

しかし、これには懸念があり、日本国内にあるお金の総額はインフレにならないように調整されているのです。市場にお金が出回っていなくてもどこかにはあるはずです。そこに大量のお金を投入してしまうとインフレになる可能性があります。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
スポンサードリンク

出典:Wikipedia

スポンサードリンク
第2の矢に機動的な財政政策。こちらは簡単に説明すれば、公共事業を増やして企業にお金を使ってもらおうということです。企業がお金を使うということは雇用を増やすということです。雇用が増えるということは景気回復に繋がるということです。こちらにも懸念があり、最も重大なのは財源です。

財源は基本的には税金で賄いますが、足りない分は国債を発行することになります。税金に関しては消費税のアップが考えられます。いくら雇用が増えても消費税の増税によって消費意欲が落ち込めば、消費税率は上がらず財源が確保できません。

また現状ですら人材や資材を確保できない職種が多く存在します。人材や資材を確保できなければ、その分だけ民間企業を圧迫する可能性もあります。

第3の矢に民間投資を喚起する成長戦略。こちらを簡単に説明すると、経済を発展させようということです。

現在、日本には新たな企業が生まれにくくなっています。そこで企業の投資を促したり、若者や女性、高齢者などの人材を活用する方法を考えたり、世界が共通して取り組んでる課題に対して、新たに市場を生みだそうとしています。

主には中小企業に対しての政策です。日本には一部の大企業とその他の中小企業が存在しています。一部の大企業よりその他の中小企業のほうが数が多いので、活性化させるならここということです。

世界が共通して取り組んでいる課題には、日本の技術を提供することで世界を市場とした雇用を生み出そうとしています。TPPもその一環でしょう。

若者や女性、高齢者などの人材を活用とは転職しやすくしたり、外国人労働者を積極的に雇える体制を整えようということです。こちらはニュースなどで取り上げられるような外国人に日本人が仕事を取られるといった懸念がされています。

 

アベノミクスの真価

japan
「アベノミクス」は、安倍政権発足後に安倍首相が目指す方向性をまとめたもので、第1次安倍内閣の時には第1の矢が「大胆な金融政策」、第2の矢が「機動的な財政出動」、第3の矢が「成長戦略」と位置づけられました。

その後、第2次安倍内閣の時には、第1の矢が「希望生み出す強い経済」、第2の矢が「夢紡ぐ子育て支援」、第3の矢が「安心つながる社会保障」とより生活に密着した課題へ変更されています。

第1次安倍内閣においては、これに呼応して日本銀行が黒田総裁の下、第1と第2の矢を実行。円安が進行し、株高につながりました。

しかし、第3の矢に関しては実行計画が曖昧で、小泉総理のような実行力を発揮することは出来ませんでした。第2次安倍内閣の三本の矢も、現在日本が抱えている身近な問題に焦点を当てていますが、どちらかと言えば選挙向けで本当の実行力はこれから試されます。

しかし、安倍総理の場合は、外交や憲法改正など、アベノミクス以外にも論点が多いのが難点です。アベノミクスの最大の目標と言える、大胆な金融政策による日本経済の成長は、日本銀行が目標としている2%の物価上昇率がなかなか達成できず、日本がデフレから脱却したとは言えない状況です。

アベノミクスの新三本の矢を期待しつつ、今後の消費税率の引き上げを控え、アベノミクスの真価が試されようとしています。





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]