スポンサードリンク

Excel(エクセル)関数の対応化で増えつつある現状について

Excelを使う上で最も重要視されているのが、関数による数式がExcel上でおよそ7割のウェートを示している点であるように思えます。それはExcelをファイルで用いる事があるACCESSの様なデータベースにも言える事だと思います。

それが最も顕著に現れる瞬間と言えば、マイクロオフィス資格を他のWordやPowerPoint同様にExcelを受けた時に良く現れて来ます。

その要因とされるのが、資格を受ける際のバージョンやOffice&無料でインストールできるオフィス365ダウンロードがキーポイントに成るのかなと思います。

関数増加だけを見ると、2007バージョン以前ですと3級から知識と実技の試験があるのと比べ、2010バージョン以降では3級の場合、実技のみとされていて2級から知識が加わる事に関連しています。

computer
スポンサードリンク

そのためか、2007バージョンで習う関数と言えば、主に「AVERGE・MAX・MIN・SUM」と言う四則関数や保護にグラフ作成、更に付け加えるとデータベースの抽出といった基礎と応用が多く、難しくてもROUND関数だったりRANK関数で止まるのですが、2010バージョン以降の資格取得で3級の段階で実技のみと時間も多く取ってある事と、関数もIF関数を用いた複合関数と言った代表的な検索で使う事が多いVLOOKUP関数を3級の時点から覚える事に成る為だと思います。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95
また、2010からそれに対応した新たな関数も導入され、代表的なのがランキングを表すRANK関数がRANKEQ・AVGと新しく設けられました。

その他にも、三角関数でAGGREGATEと言った関数だったり、日付関数でポピュラーなDATE関数とは別にNETWORKDAYSINTL関数と言う覚えるのに大変な関数も現れて来る次第です。

私的には、TODAYやWEEKDAY関数と言った処が親しみのある関数に思えるのですけど、それは先にも言いました様に、最初にバージョンを何から習ったかで大きく変わって来るものだと考えています。

複合関数に成るとマクロを用いたりワイルドカードやワット分析を使ったピポットテーブルとか小計を出す事もあり、この時に使われるのがIFを用いたSUBTOTAL関数だったりもします。

複合だと関数の数も多くなり4式から5式と言うのも有り、その中で一番苦労するのが関数の順番とそれを繋ぐ数式だったりが結構ややっこしくも思えます。これは、クエリやレポートを使うデータベースのACCESSにも同様の事が言えます。

特にACCESSの場合は、数式が複雑に絡み合いC言語も用いる事が多いので、一つ間違えると何処で間違えたかを探すのに膨大な時間を使い、返って神経が張り詰めたりもします。

最近では、2016バージョンと最新版が出ていますが、関数においては、新しい関数が出て来てそれを覚えて活用するのも一苦労です。

それとは別に、これまで使っていた関数が消えたりもするので、それに対応していくのもExcelを覚えていく面白みの一つかと勝手に思ったりします。

最後に、Excel=関数と捕らえがちな方も多いか思われますが、忘れては成らないのがそれらの関数を補足する関数だったり書式ルールが使われて数式が生きてくるということです。

複合関数で例えるならIF関数で調整役やまとめ役で使われるTRUE関数やFALSE関数が多く知られている関数だとも言えます。

特にこの二つの組み合わせだとIFと合意するVLOOKUP関数やAND関数が使い易くなるのは元より文字比例する数式にも利用出来るのではと私自身考えたりもしてそれを作っていくのがExcelの魅力かなと私は考えています。



 

エクセルの基礎情報と自分の体験談

%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%ab
エクセルは今では学校や会社で必須のソフトです。エクセルは、Microsoft社が開発した表計算ソフトでテンプレートを使って表やグラフ、集計を作ったり、図形などのツール、オンラインで作成、共有、共同作業など様々な場面で活用することができます。

私がエクセルを初めて習ったのは中学生の時でした。その頃は物凄く難しいイメージがあったので、全然エクセルを理解できませんでした。高校の時もエクセルを使う機会があったのですが、そこでもエクセルは理解することができませんでした。

しかし、大学生になってからは、パソコンでエクセルのワークシートに入力が出来ないと単位を貰えない講義があったので、しっかりと勉強しました。そしたら意外とエクセルは簡単なことが分かりました。

苦手だった関数も「SUM関数」「COUNTA関数」「IF関数」などが分かれば、ある程度は対応できるので良かったです。

エクセルの基礎を学ぶには、MOS(Microsoft Office Specialist)の検定資格を取るのがオススメです。この資格は就職活動の履歴書などにも特技として書けるので、会社にアピールすることが出来ます。

時々、親に頼まれて地域の資料を作る事があるのですが、エクセルのおかげで完成度の高い資料が作れるようになりました。エクセルが活用できるようになると仕事の幅も広がります。今ではタブレットのアプリでも利用できるのでたまに外出先で作成したりもします。是非、使い方や作り方の方法を覚えて活用してみてください。





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]