スポンサードリンク

家のご近所から世界の近所までヤクルト

皆さんヤクルトと聞いたら何を思い浮かべるでしょうか。ヤクルトレディがヤクルト売っているイメージやスーパーに売っているヤクルト、または野球好きであればヤクルトスワローズなどを思い浮かべるでしょう。

職場にヤクルトレディが配達してくれたり、家まで宅配してくれたりと、色々便利で値段もお手頃なことから、子供の時から親しんできた方も多いでしょう。

%e3%83%a4%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%88
スポンサードリンク

 

しかし、ヤクルトは世界共通語になりつつあることもご存知でしょうか。現在、ヤクルトは世界32の国と地域に進出していて、現地でも日本と同じようなヤクルトレディが宅配・配達をしてくれるサービスを行っています。

また、商品自体もその国に合わせた商品を取り揃えることにより、その国に根差したサービスを展開しています。

しかし、なぜヤクルトはヤクルトレディによる宅配・配達を始めたのでしょうか。ヤクルトレディが登場したのは1963年からです。

 

ヤクルトレディによる宅配・配達

当時は経済成長の時期で、スーパーや小売店にヤクルトを置いていたが、商品の入れ替わりが激しく、そのために広告費を多く使わなければいけず、どのようにすれば広告費も抑えて商品をアピール出来るかを考えた結果、当時にしては先駆けて、口コミという点を重視しました。

%e3%83%a4%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%882
個人事業主となるヤクルトレディ(主婦)が口コミでヤクルトの宣伝と販売を行えば、主婦層を中心に口コミが広がり、ヤクルトレディからの購入とスーパーや小売店での売り上げも向上すると考えて始めたのが由来です。

その結果、今ではヤクルトと言えば、あの形の飲み物だね!というイメージを植え付けることに成功しました。また、ヤクルトレディにも利点があり、パートやアルバイトと違い個人事業主として働くので、税制面でも優遇があるためどちらもうまく機能しているといえます。

人材を注目してみると、(株)ヤクルト本社は、グローバルな人材を採用していて、世界に出たい就活生にとって、憧れの企業となっています。

以前は健康飲料というあまり人気が無い職種ではありましたが、今では一流企業であり世界にも羽ばたける会社という事で、優秀な人材が集まる優良企業の仲間入りをしています。

今後も益々成長を続けていくであろうヤクルトですが、年間を通じて色々なキャンペーンも展開しています。

年初からやっているシロタ株キャンペーンでは、ヤクルト製品を購入して、添付されている点数を貯めて応募すると、空気清浄機やヤクルトの化粧品が当たるキャンペーンを随時行っているので、是非ホームページか店頭でチェックしてみてください。

 

ヤクルトでしつこい便秘が解消!

%e3%83%a4%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%881
私は30代を過ぎた辺りから便秘に悩まされるようになりました。若い頃は便秘になったことはなかったのですが、年を重ねて腸の働きが悪くなっているのか何か対策を講じないと便がスッキリでなくなったのです。

ヨーグルトを食べたり、果物をたべたり、どうしてもダメなら下剤を使ったりしていましたがヨーグルトは少し食べただけでは効果が薄かったので続きませんでした。

果物を毎日採ろうと思うと結構、お金もかかります。薬も出来る事なら使いたくはありません。

そこで小さな入れ物に入ったヤクルトを思いついたのです。ヨーグルトみたいにお腹が張るほど食べなくてもいいし、味もジュースみたいで美味しいので続くと思いました。

正直、飲み始めたころは効果があまりなく、やっぱりダメかとも思いましたがジュースみたいで美味しいので結局毎日飲んでいました。

ある日何気なく気付きました。そういえば便秘治ってると!ヨーグルトも食べていないし、薬ものんでいないのできっとヤクルトの効果だと思います。結局毎日飲んでいたので知らぬ間に治ってました。こんな簡単な事で便秘が治るとは思ってもいませんでした。今までの苦労は何だったのかな、なんて思ってしまいます。

余談ですがヤクルトは振って飲まないと下に沈殿物が溜まってます。たぶん身体に良い成分だと思うので必ず振ってから飲んでます。

ヤクルトの公式ホームページはこちら 

http://www.yakult.co.jp/

 

 





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]