スポンサードリンク

お勧め漫画、「ダイヤのA」

高校野球が好きな人であれば是非ともお勧めしたいマンガです。

高校野球を舞台とした野球漫画では野球部のない高校、あるいは一回戦をも勝ち上がれないような弱小校が主人公の影響から予選を勝ち上がり、決勝や準決勝で名門校と死闘を繰り広げるというパターンが一般的です。名門校は悪役で登場する場合が多いですが、この漫画では名門校に焦点を当てて描かれています。

どの名門校の球児も甲子園に行くことに強い執着をもち、毎日必死になって練習に取り組む姿は他の学校と何の変りもなく、部員数も多くレギュラー争いも苛烈を極めていて、特に3年生の部員達からは、これが自分達の最後の夏という気迫がリアルに描かれています。

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%81%aea
スポンサードリンク

特に片岡監督からベンチ入りの選手が発表されるシーンでは、メンバーから外れた3年生達が悔し涙を流し、片岡監督が彼らに深々と頭を下げるシーンやベンチ入りの決まったメンバー達が彼らの分まで自分達が強くなり甲子園出場を果たそうと決意を固めるシーンは今まで読んできた野球漫画の中でも忘れられない名場面で、私も当時を思い出して目頭が熱くなりました。

試合内容もリアルに描かれていて、躍動感のある選手達の動き、ベンチ、ブルペン、球場や観客席の様子までもがリアルに描かれ、試合中の監督の作戦、青道キャッチャー御幸のリードは時に一見して無謀に思える采配やリードもあるように見えます。ですが理屈に基づいた上でのものであり、そういったところがしっかりと描写されているため見ていて納得できるし面白いです。

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%81%aea2

色々な情報から自分が監督ならここはどうするか、キャッチャーならどう投手をリードするかを考えながら読んでいると、実際に目の前で野球観戦をしてる気にさせてくれるほどのリアルさです。

青道高校だけでなく、対戦相手の高校球児達も皆野球への情熱を持っていて全ての登場人物が野球マニアと表現しても過言ではないでしょう。

球児当時の自分と重ねて彼らを見ていると、とてもかなわないし、あの当時にこんな考えができて野球に取り組むことが出来ていたら、と思うと見ていて頭が下がる思いです。全力をもってひとつの事に打ち込んでいく彼らの姿は羨ましくすら感じるし、素直に応援したくなります。

3年生が引退し、新チームが始動してからは何か物足りなさを感じてはいましたが、春の甲子園出場を成し遂げ、その大舞台を経験した選手たちが新入生を迎え新たな刺激の中、新生青道高校野球部がどんな活躍を見せてくれるのか大変楽しみです。

 

ダイヤのAの紹介と感想

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%81%aea1

ダイヤのAは寺嶋裕二先生が描かれている週刊少年マガジンで連載中の野球漫画です。第1部として47巻まで単行本が発売され、現在は第2部が5巻まで発売されています。アニメ化もされており、100話を超えるなどその人気ぶりがうかがえます。

名門の青道高校の野球部に入った主人公の沢村栄純たちが甲子園を目指して成長していく姿は学生時代に何かに打ち込んだことがある人なら共感できる部分が多いと思います。ラ同級生の降谷暁とのライバル関係や御幸や結城といった先輩との関係性を見ていると他人とのかかわり合いの中で切磋琢磨する素晴らしさを教えられます。

私自身、学生時代は野球を8年間やっていたこともあり、細部までこだわって描かれていることがよくわかります。例えば、キャッチャーである御幸とピッチャー陣の言い合いだったり、先輩と後輩のポジション争いでのギスギスした感じだったりは実際にスポーツの集団ではよくあることだと思います。

そして、私が最も好きな人物は監督の片岡先生です。教師として学校で授業を教えるような場面は漫画では描かれていませんが、野球部での指導は選手としてよりも人間としての成長を優先するような教師らしさを感じさせます。選手に対しての接し方や発言も誠実で、真っ直ぐに向き合う姿に感動させられます。

この他にも魅力的なキャラクターが多く登場しますし、ずっと漫画を見ていてからのアニメ動画を見て、試合での迫力ある描写、映像は手に汗握るものがあります。アニメの影響で主題歌もばっちり覚えました。パワプロのアプリゲームでもコラボしているほどの人気っぷりです。act2の新刊も待ち遠しいです。

是非、魅力たっぷりのダイヤのAを読んでみてはいかがでしょうか。

講談社コミックプラスの公式ホームページはこちら http://kc.kodansha.co.jp/title?code=1000002525





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]