スポンサードリンク

東急グループの中核企業である東京急行電鉄は、その成り立ちから鉄軌道事業以外の事業割合が大きく、不動産事業、ホテル事業など、鉄軌道事業以外の収益が同事業の収益をはるかに上回り、グループ全体の収益は毎年1兆円を超えています。

東京都渋谷区に本社を持ち、「東急」の略称で親しまれている東急電鉄の歴史と基本情報についてまとめてみました。

 

東急電鉄の歴史

東京急行電鉄の歴史は、田園都市の開発を目的に設立され、田園都市株式会社を始めとした鉄道部門である目黒鎌田電鉄に始まります。

目黒鎌田電鉄は、田園都市株式会社と地権者が共同開発した分譲地をその付加価値を高めるために、現在のJR線と結ぶ交通手段として設立されました。都市開発の一環として鉄道事業を発展させるという位置づけは、この当時からのものです。

%e6%9d%b1%e6%80%a5%e9%9b%bb%e9%89%84%e3%83%ad%e3%82%b4
スポンサードリンク

1923年に目黒から丸子間を開業、洗足田園都市の居住者に交通の便を提供しました。その後、かつて目蒲線と呼ばれていた品川区の目黒駅と大田区の蒲田駅との間を全面開通させることに成功します。

また、1932年には東横線が開業し、これら沿線には多摩川園や百貨店、テニス倶楽部、田園コロシアムを作るなど開発をすすめて沿線住民の利便性を高めました。

しかし、それだけでなく学校の誘致にも成功し、東横沿線は学園都市としての付加価値も高めていくことになります。そして多くの通学客という安定的な乗客の獲得にもつながりました。

その後、目黒蒲田電鉄は池上電気鉄道を合併、買収しました。そして、目黒蒲田鉄道は1939年に東京横浜電鉄を合併し、名称を逆に、(新)東京横浜電鉄と改称しました。資本の流れの問題もあり、まず、目蒲電鉄が東横電鉄を併合し、目蒲電鉄を形式上の存続会社とし、名称を逆に東横電鉄としたわけです。

1942年、東京横浜電鉄は小田急電鉄および京浜電気鉄道を合併。さらに、1944年には京王電気軌道を合併。また、これら4社以外にもその資本力にものを言わせ合併、買収した会社は30社以上に達しました。この時期までに、路線延長は320kmに達し、北は中央線から南は三浦半島、西は箱根までをテリトリーとするいわゆる「大東急」の時代となります。

しかし、戦後は一変し、独占禁止法や過度経済力集中排除法が施工され、小田急電鉄、京浜急行電鉄、京王帝都電鉄を分離させ、大東急の再編成を行いました。そして、東京急行電鉄を再発足させ、現在に至ります。

ちなみに、1947年から1972年までプロ野球の東急フライヤーズを所有し、1964年まで東映は東急グループの傘下でした。

 

東急グループ

東京急行電鉄株式会社を中核としている東急グループの主なグループ会社には、東急百貨店や東急ストア 、東急ハンズ、東急不動産、東急ホテルなど、多岐に渡って活躍しています。

 

都心へのアクセスが便利!東急東横線利用の感想

%e6%b8%8b%e8%b0%b7%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%ab
通勤や普段の生活に東急東横線を利用しています。東急東横線は一昔前までは渋谷が終点の路線でしたが、副都心線との直通運転が開始され、便利な路線になったと感じています。

私が実際に東急東横線を利用していて、いいなと思った点をいくつか紹介したいと思います。

 

横浜方面から渋谷、都心部に一本で行ける

副都心線との連携が行われた一番の利点がこちらの点にあります。渋谷の他に、原宿、新宿三丁目、池袋の3駅が乗り換えなしで利用できるようになったため、ちょっとした買い物に出かけたり、友達とのお食事会にも乗り換えの手間がなくて楽チンに移動できます。

 

六本木、銀座方面へのアクセスがイイ

%e6%9d%b1%e6%80%a5%e9%9b%bb%e9%89%84%e4%b8%ad%e7%9b%ae%e9%bb%92%e9%a7%85
東急東横線を利用していて良く利用するのが、中目黒駅での日比谷線との連携です。

こちらの連携がとても良く、横浜方面から乗り換える場合、ホームの向かいがそのまま日比谷線となっているため、ホームの移動なく、日比谷線に乗り換えることが出来ます。

日比谷線は恵比寿や六本木をはじめ銀座、日比谷など都心の中心部へのアクセスを担っているため、頻度が高く利用しますが、その日比谷線にストレスなく乗り換えが出来るのも東急東横線の魅力です。

以前は東急の田園都市線沿線上に住んでいたのですが、そのときには、買い物を行う際は、渋谷が中心となっていましたが、東横線のこの2点のメリットがあるだけで、行動範囲が大きく広がりました。

都内のさまざまな場所に頻繁に出向くのであれば、東急東横線をはじめとした便利な東急電鉄の利用をおすすめします。

東急電鉄の公式ホームページはこちら http://www.tokyu.co.jp/





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]