スポンサードリンク

西武鉄道の知られざる歴史

西武鉄道は、池袋線の前身である武蔵野鉄道と新宿線の前身である川越鉄道の合併から始まり、その他の合併や複線化、電化を経て現在に至ります。

普段何気なく乗っている西武鉄道の路線を再確認するため、西武鉄道の知られざる歴史について調べてみました。

 

一つだけ離れた路線、西武多摩川線

%e8%a5%bf%e6%ad%a6%e7%b7%9a%e5%b0%8f%e6%b1%9f%e6%88%b8%e5%8f%b7
スポンサードリンク

西武線の路線図を見た人なら必ず不思議に思う事があります。「この一つだけ離れた路線はなんだろう」という疑問です。この路線は、東京都武蔵野市の武蔵境駅と府中市の是政駅(これまさえき)を結ぶ西武多摩川線で、呼称は旧路線名から是政線とも呼ばれています。

多摩川線は多摩鉄道という会社が1922年に開通させた路線で、1927年に西武鉄道が買収しました。

では、どうして西武鉄道はこの離れた路線を購入したのでしょうか。当時から西武鉄道は沿線の宅地開発を進めており、多摩川線に関しても宅地開発や大学の誘致を進めていました。

そのため、より一層の宅地開発を進めようと考えたのではないでしょうか。現在でも宅地開発が進み、乗車人員が伸びている路線です。

 

廃線となった西武大宮線 

かつて、埼玉県川越市の川越久保町駅からさいたま市大宮区(旧大宮市)の大宮まで西武鉄道が運営している路線がありました。開業は1906年で、川越電気鉄道が運営を行っていました。

後に西武鉄道が買収し、着実に乗降人員を伸ばしていましたが、西武大宮線よりも最短距離を進む国鉄川越線が完成したため、国鉄川越線開業後1年で西武大宮線は廃線となってしまいました。

 

砂利を運んだ貨物線、西武安比奈線

%e8%a5%bf%e6%ad%a6%e9%89%84%e9%81%93%e7%b7%9a%e8%b7%af
かつて存在していた西武安比奈線(せいぶあひなせん)は、安比奈とは新宿線の南大塚駅より北西に行った場所に安比奈駅があり、同市内入間川沿いの路線で入間川の砂利を首都圏に運んでいた貨物線でした。

路線の運行状況は貨物しか扱っておらず、1963年に休止となりました。

1987年になって新宿線の輸送が飽和状態となったのを機に、新たな車両基地の建設が急務になりました。また、上石神井駅間と西武新宿駅間の複々線化計画も持ち上がり、一層車両の増備が必要となってきました。

そこで目をつけたのが安比奈線。安比奈線休止後も、土地は膨大に残っていたため、その土地を使って車両基地を建設しようというものでした。

当初から自治体の狭山市と川越市は乗り気でしたが、その後少子化の懸念などによって複々線化計画は凍結してしまいました。

そのため安比奈線の車両基地化も白紙となり、2016年11月30日正式に廃止が決定されました。

線路は約半世紀に渡って休止線として放置されていましたが、雑木林や田園の中を通る線路の痕跡が今も残っており、その手のマニアには有名な撮影スポットとなっているそうです。

 

観光名所へのアクセス、西武秩父線

%e8%8a%9d%e6%a1%9c
西武秩父線(せいぶちちぶせん)は、埼玉県飯能市の吾野駅(あがのえき)と埼玉県秩父市の西武秩父駅とを結ぶ池袋線の延伸路線です。1969年に武甲山から産出する砂利やセメントなどの原料を輸送したり、観光開発を目的に建設されました。

有名な観光名所が点在する秩父方面へは、秩父線を利用して行くことができます。芝桜で有名な羊山公園や長瀞方面への観光に、また、白い氣守で有名な三峯神社や知知夫国の総鎮守秩父神社などへの参拝する際のアクセスとしても重要な路線です。

 

西武有楽町線

西武有楽町線(せいぶゆうらくちょうせん)は、東京都練馬区の練馬駅 から小竹向原駅(こたけむかいはらえき)を結ぶ路線で、西武池袋線と東京メトロ有楽町線、東京メトロ副都心線と連絡(直通運転)しています。

このように西武鉄道は、新線と廃線、そして合併を繰り返しながら紆余曲折を経て大きくなってきた会社です。知らなかった西武鉄道の歴史を考えると、ますます応援したくなる気持ちになってきますね。

 

私の大好きな西武線

%e8%a5%bf%e6%ad%a6%e9%89%84%e9%81%93
今は東京を出て地方にいますが、電車に乗るたびに西武線を思い出します。実家は、西武池袋駅も西武新宿駅も両方使え、学生時代は毎日池袋で乗り換えて西武線で通学しました。

時刻表を見ながら池袋行くには西武線池袋駅を使い、新宿行くには西武新宿駅で降り、急行だと池袋に行く方が止まる駅が少ないので早く得した気分でした。

西武池袋線は、石神井公園辺りで車内から富士山が見えるのがすごい好きです。

実家に帰ってくる時は必ず新幹線で富士山を通りますが、電車から遠くに見える富士山は好きです。電車から富士山が見えると、今日も良い日になるなって思っていました。

西武新宿線には上石神井駅(西武新宿方面)、西武池袋線には石神井公園駅(池袋方面)と似たような駅名があり、地元でなければ迷うかもしれませんね。

久々に帰ったら、最寄駅の電光掲示板がハイテク化でキレイになっていて驚きました。地方は未だパタパタの掲示板です。これだけ多くの乗客を乗せて運行しているのに、西武線には遅延がほとんどなくて東京はすごいなと思いました。

仕事柄、なかなか定期的に帰省することができませんが、思い出が詰まった馴染み深い黄色い電車に乗るといつもほっとします。

西武鉄道の公式ホームページはこちら https://www.seiburailway.jp/railway/





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]