スポンサードリンク

 

ハムスターと言っても種類やカラーがたくさんあります。ハムスター の種類と飼い方について、飼っている体験と共にご紹介します。これからハムスターを飼ってみたいという方には、ぜひ素敵な家族の一員を見つける手助けになればと思います。

 

ハムスターの種類

%e3%83%8f%e3%83%a0%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%84%e3%81%a1%e3%81%94
スポンサードリンク

 

ジャンガリアンハムスター

よくペットショップで見かける愛らしいペットとして代表的なハムスターです。ジャンガリアンハムスターのカラーは、ノーマル、サファイアブルー、パールドワーフ、イエローなど様々です。最近ではレアカラーの子をよく見かけます。

値段はカラーによって大きく異なります。大人になっても小型のケージで飼えるような小さな種類です。性格は、比較的おとなしい子が多いようです。おとなしいというのは、場合には臆病な場合もあります。焦らず慣らしていくことが大事です。

 

ゴールデンハムスター

人気のハムスターの種類のひとつです。カラーも様々で短毛、長毛、サテン、毛色もたくさん種類がいます。ペットショップで、「カラーハムスター」と書かれているハムスターは、この種類に分類されることが多いようです。

価格も種類によって大幅に違います。ジャンガリアンよりも個性的に感じます。臆病で慣れるまで長くかかる子もいれば、初めから友好的な子など、個体差がありますが、見ていてとても可愛いです。

この種類は、比較的大きく成長するため、小さなケージや滑車などは将来的には大きなものに買い替えるか、初めから大きなものを準備する必要があります。

 

キンクマハムスター

ゴールデンハムスターを品種改良した種類で、カラーハムスターの中でも最も人気のあるアプリコット色のハムスターのことをキンクマハムスターと呼ばれています。

 

パールホワイトハムスター

別称スノーホワイトの名前の通り、足の裏と尾まで真珠のように真っ白な毛でおおわれている人気のパールホワイトハムスターは、ジャンガリアンハムスターの改良種です。背中にラインが入っている個体もあります。

 

ロボロフスキーハムスター

ジャンガリアンハムスターよりも小さなハムスターです。カラーもノーマル、ホワイトなど様々です。ジャンガリアンハムスターとはまた少し違う可愛さがあります。

何より小さいので、しぐさや表情が愛らしいです。ケージも小さなもので飼育できるため、1人暮らしをしている人や飼育スペースを気にしている方などにおすすめのハムスターです。

 

キャンベル ハムスター

外見はジャンガリアンハムスターとそっくりですが、野生種のハムスター、ドワーフハムスターの一種です。

ほかのハムスターに比べると特に臆病で警戒心が強く、気性が荒い野性味の強いハムスターです。カラーバリエーションが豊富で、ノーマル、パイド、シナモン、ブラック、アルビノなどがあります。

 

ハムスターの飼い方

%e3%83%8f%e3%83%a0%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc
 

ハムスターを飼う前に

ハムスターを飼う前に最低限の飼育用具を揃えておきましょう。ハムスターの家に必要なケージ(小屋)やトイレ、餌など沢山準備するものがあります。

ハムスターの餌は、最初はペットショップやブリーダーさんがあげていた同じ種類の食べ物をおすすめします。

ハムスターは、急な環境の変化で体調を崩しやすい小動物です。体がとても小さい分、一度体調を崩してしまうと病気になりやすくなってしまい、最悪命の危険もあります。

ハムスターの寿命は短く、長くても2年ほどです。ハムスターの飼育方法をしっかりと学んで、徐々に自分の家の環境に慣らしていきましょう。

 

ハムスターは寒がり

ハムスターはとても寒がりです。防寒対策を怠ると弱ってしまい体調不良などに繋がり、最悪の事態に陥ることになります。

そのため、寒い季節の保温対策には、ペットヒーターを購入することをおすすめします。ペットショップで販売しているハムスターの飼育セットなどには付随していないことが多いので要チェックです。

 

ハムスターの餌

ハムスターの飼い方は、まず餌を選んであげることから始まります。準備するときには、バランスの取れた餌を選んであげることが大切です。肥満にならず、病気にもなりにくくなるため長生きすると言われています。

ハムスターのおやつなども売っていますが、あまりおすすめしません。野菜や果物を餌にあげる場合は、新鮮なもので適量にしなくてはいけません。

 

ケージ(小屋)のお掃除

ハムスターの飼い方で、とても大事なのがお掃除です。不衛生だとハムスターも病気になってしまいます。ケージの汚れ具合をみて定期的にお掃除をしてあげてください。

 

ハムスターの運動

%e7%99%bd%e3%83%8f%e3%83%a0%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc
狭いケージに長く居るとハムスターもストレスが溜まるため、定期的に運動が必要です。ケージに回し車を付けていれば、勝手に運動してくれます。ケージが狭くてまわし車をつけられない場合は、部屋で離してあげると歩き回るので良い運動になりますが、決して目を離してはいけません。

ハムスターは歯で何でもかじってしまうため見張ってないと危険です。また、小さいので危ないところに入ってしまったり、屋外に逃げてしまう可能性もあります。可愛いハムスターに触りすぎても、ハムスターにとってストレスになってしまいます。適度に遊んであげましょう。

ハムスターは、寒さにも暑さにも凄く弱いので温度管理は大事です。春と秋は、小動物専用のわた布団を入れてあげると喜びますよ。冬にはヒーターなどの保温対策を忘れないでくださいね。

 





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]