スポンサードリンク

 

北海道富良野市「山部自然公園太陽の里」

北海道富良野市にある無料のキャンプ場「山部自然公園太陽の里」は、太陽が入った名まえのとおり、まさに大きな太陽がシンボルとなる場所です。特に、夕日はとても美しく、大きな太陽が沈むと大自然に囲まれたキャンプ場は真っ暗になります。芦別岳を背景に森に囲まれた広大な敷地で開放感もあります。

テント数は、なんと約500張も設営することが出来ます。予約は必要ありませんのでペット同伴でも大丈夫、自由気軽にキャンプができます。キャンプ場は、5月上旬から10月31まで使用でき無料ですが、炊事場所も広く、トイレもあります。敷地内は常に整備されて綺麗になっています。とても無料とは思えない理想的なキャンプ場です。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e5%a0%b4
スポンサードリンク

駐車場は広いのですがオ-トキャンプ場ではありませんので、テントの直ぐそばに車を置くことが出来ないのが不便です。リヤカ-があるので、荷物を積んでテントの場所まで運ぶのは結構大変です。

子供を連れてキャンプに来ましたが、木の遊具があって大喜びでした。思い切り遊ぶことが出来き自然に触れ合うことが出来ます。広大な自然に囲まれているので、大人も癒される場所になること間違いなしです。

ふれあいの家には食堂もあり、パ-クゴルフやテニスコ-トもあるので思い切り屋外で遊ぶことも出来ます。温泉はないですが、シャワ-は完備されています。

日中は、車で周辺にあるチ-ズ工場やワイン工場を見物することも可能です。美瑛まで足を伸ばして「青い池」を歩いて散策したり、7月になるとラベンダ-を見ることが出来るなどの観光スポットがたくさんあるので退屈しません。

一日で回り切れない富良野を楽しむため、テントで連泊することが出来ます。早めにテントを張ってから、お出かけすることをおすすめします。登山したい人にもおすすめです。十勝岳や富良野岳など多くの山に登ることが出来ます。

富良野の美味しい食材を買い込んで、夕方バ-ベキュ-を楽しむことが出来ます。

大きな太陽を沈む瞬間が見て、地元の野菜やお肉を焼いて、富良野ワインで乾杯なんて、最高に楽しいひと時を過ごせること間違いありません。

 

太陽が沈む瞬間の夕日は最高

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88
夜は真暗になるので、ライト・ランタンや懐中電灯は必須アイテムです。ラジオや音楽を、他人に迷惑にならない程度流すことをおすすめします。

富良野に温泉はたくさんあります。温泉の一番人気は、新富良野プリンスホテル紫彩の湯(しさいのゆ)。吹上露天の湯は「北の国から」で有名になりました。他にもたくさんの温泉施設があるので、ゆっくり汗を流してのんびりできます。

無料のキャンプ場は余りありませんが、ここはガイドブックに載っていましたので行ってみました。とにかく広く太陽が沈む瞬間の夕日は最高です。思い出に残る最高のキャンプでした。

山部自然公園太陽の里の公式ホームページはこちら http://furano-taiyonosato.com/

 

北海道釧路市音別町「憩いの森キャンプ場」

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%99%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%bc
もう一箇所ご紹介する無料のキャンプ場は、北海道釧路市音別町にある自然と共感するキャンプ場「憩いの森キャンプ場」です。

釧路市から車で1時間程度、電車でも行くことも不可能では無いですが荷物面などを考えると車で行くことがベストです。

基本的には道具などの貸し出しは行っておらずテントを持ち込み、フリーエリアの好きな場所にテントを組み立てます。事前予約するのが良いのですが、電話で交渉すれば当日でも入れてくれますので多少の融通は利くと思われます。

テントエリアは約50張もあるので、開放的でスペースは十分です。周りには季節の木々が立ち並び、5月には見頃の桜も美しく咲くのでオススメです。

この広場では、安全に配慮すれな持ち込んだ遊具などで自由に遊ぶことが出来ます。自分たちはサッカーやバドミントンをしました。

近隣にはバーベキュー場があり、自宅から食材を持ち込んでセルフで焼くことが出来ます。途中のスーパーや道の駅で地域の肉類や魚を捌いてもらってから持ち込むのがオススメです。

全体的な混雑度としては市内からは少し離れているので、7月のキャンプシーズンでもさほど混まずに快適に過ごすことが出来ました。

このキャンプ場は、周辺に何もないので夜空とっても綺麗です。特に絶景が見えたり目玉の施設が有るという訳では無いですが、使い勝手が良く平均点の高いキャンプ場です。

釣り好きにとっては、近くの音別川は良質のアメマスが釣れるので、釣りを楽しみながら、他の娯楽やBBQを満喫してゆったりと宿泊するのが私のオススメです。キャンプが初めての人にとっては必ず良い思い出になる場所だと思います。

釧路市音別町憩いの森の公式ホームページはこちら

 http://www.city.kushiro.lg.jp/kurashi/kouen/k_ichiran/ikoinomori/cat00000867.html





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]