スポンサードリンク

企業の最新ニュースを知るビジネスの必須アイテムといえば日本経済新聞

日本経済新聞は、日経新聞や日経の略称で親しまれ、日経が算出している日経平均株価のNIKKEI 225の株価指数は、日本の株式市場やマーケット情報の指標となる銘柄の一つとなっています。そんな、日本経済新聞について調べてみました。

%e6%97%a5%e7%b5%8c%e6%96%b0%e8%81%9e
スポンサードリンク

 

日本経済新聞社 会社概要

日本経済新聞社(にほんけいざいしんぶんしゃ・Nikkei Inc.)とは、株式会社日本経済新聞社は、1876年(明治9年)12月2日「中外物価新報」を創刊以来、140年以上も長い間、日本の経済情報の中心的役割を果たしてきた老舗の複合メディア企業です。

全国54カ所、海外では取米州編集総局(ニューヨーク)、欧州編集総局(ロンドン)など、37カ所もの取材拠点を有する国内最大規模の情報網を保有しています。

また、世界最大の発行部数を誇る経済を中心とした総合紙である日本経済新聞は、単に政治や経済、社会面などに特化した全国紙であるだけでなく、日経平均株価や先物取引の情報が大変充実している事で定評があります。

 

日本経済新聞の特徴

私の場合、日本経済新聞の定期購読は中止しましたが、毎朝コンビニエンスストアや駅の売店などで新聞を購入しています。購読の目的は、国内外の経済の動向や日経平均の見通しなどを詳しく知るためです。

簡易な経済ニュースならインターネットや携帯電話から得ることができる情報ですが、日本経済新聞社の編集を通して読むと詳細に解ることもあるので、直接新聞に触れることは必要不可欠です。

日本経済新聞を購読するもう1つの目的は、最新の経済情報やニュースをビジネスや投資に活用するためです。日経の書評欄で紹介された信頼性の高い最新のビジネスの書籍などは必ず目を通しています。

経済の景気や税制改革についても分かりやすく解説しているので、話題の政治用語などを習得することができるので、コミュニケーション能力の向上にもつながります。

 

話題が豊富な日経新聞

%e6%96%b0%e8%81%9e
日経新聞は、営業の仕事で経済に明るいことをアピールするのにも画期的なツールです。取引先に向う移動時間に仕事の準備の一環として日経新聞に目を通して経済の話題を仕入れます。

新聞を読むには忙しくて時間のない時には、ビジネスに関連した話題だけを選んでタイトルだけでも確認すれば最新の情報は把握できます。

世界各国に支局などを置き、日本の新聞社最大の海外取材網を保有する日経新聞は、最新のグローバル社会の情報も網羅しています。

日本経済新聞の最新情報は、取引先とのビジネスに大いに役に立ち、話題の共有から思わぬビジネスチャンスが生まれたりします。他の新聞なら鞄にしまって訪問すべき取引先でも、日経新聞ならむき出しで持ち込んでも嫌な顔をされることはありません。

それほど多くのビジネスマンは、日本経済新聞の情報に強い興味を示しています。また、日本経済新聞の英語版ならビジネス英語のキーワードなどを容易に取得することができます。

他の一般の新聞と日本経済新聞の大きな違いは芸能関連のニュースがないことです。その他には、事件や地方の情報、天気予報などの情報は、地方紙が特化しているように思います。

しかし、様々なスポーツ関係の記事には、スポーツを通して経済や社会に及ぼす影響などを詳細に分析した記事が多く見られます。

 

日本経済新聞の証券面

日経新聞の証券面は5面もあり株式や投信の銘柄や価格が一覧できるので、ビジネスマンや投資家には必須の紙面です。

日本経済新聞には電子版もありますが、日経平均株価の掲載ページは紙面全面を使っていて、比較や書き込みなどをして投資の指標にできることなどを考えると、この部分に関しては紙の新聞のメリットが特に出ていると思います。

 

日本経済新聞の「私の履歴書」

日本経済新聞で私が毎回楽しみにしている記事に「私の履歴書」があります。1956年3月から始まった人気の連載コラムには、近代日本を支えてきた政財界のトップや文化人等の人生の回想録がを綴られており、既に700人以上が登場しています。

名企業の社長自身が月替わりで執筆するこの長寿コラムは、人生の足跡や経営哲学など独自の観点から語る大変興味深いものです。有名経営者の苦労話や座右の銘などは、切り取ってスクラップブックにしてしまうほどです。

 

ビジネスマンの必須アイテム「日経電子版」

%e3%82%bf%e3%83%96%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88
日経電子版は、日経新聞社の紙面の記事と電子版のオリジナル記事をあわせた会員専用のアプリです。日本経済新聞の最新情報をパソコンやスマホ、タブレットでいつでも閲覧できる新聞のアプリといったところでしょうか。

日経電子版は、日本経済新聞の紙面の3倍の記事を掲載していて毎日およそ900記事もの最新ニュースを閲覧することができます。さらに、電子版ならではの機能として必要なコンテンツだけをカスタマイズできる機能まであります。

日経新聞の日経電子版の購読料は月額4,200円で、申込をした最初の月額料金は無料となっているので、初月にお試しをしてから有料会員登録をする購読の契約や解約を検討することができるメリットがあります。

なお、新聞は月極料金なので、解約の場合は申し込み翌月からの解約となります。

日本経済新聞の紙面の月極購読料は、朝刊と夕刊セットがセットの場合4,509円となりますが、日経電子版の料金は紙の新聞よりもコンテンツが豊富なうえに月額の料金もお得な設定となっています。料金についての詳細や新聞休刊日などについては、近くの日本経済新聞販売所に問い合わせてください。

さらに、日経新聞の宅配定期購読者は月額購読料を1,000円増額するだけで日経電子版の有料会員登録ができるので、販売店の紙面とセットなら月額購読料が割安です。

また、日経電子版の有料会員なると、過去の記事も読むことが出来るので、気になるバック ナンバーも検索することができます。

日本経済新聞の無料のWeb版では読めない人気のコラムや最新情報が満載です。Web版ならニュース速報も、経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など、あらゆる分野の情報を把握することができます。車内でも購読するのに場所を取らない日経電子版は、ビジネスマンの必須アイテムにもなっています。

 

日本経済新聞Web版の無料で読めるコンテンツ

日本経済新聞Web版は、いつでもスマホやタブレット、PCから日経新聞の最新情報が簡易に取得でき、コンテンツが無料で読めるインターネットサイトです。

日経平均株価や外貨のレートが一目で分かるので大変便利です。その日の最新情報などはニュースとして把握できますが、コンテンツの詳細や証券の銘柄や価格はザックリとした内容になっています。

日経新聞の5面もある充実した証券面には及びませんが、株式や投信の大まかな動向をチェックするには最適のWeb版だと思います。

 

日本経済新聞ガイド版Web

よく日本経済新聞の記述が難しいといわれますが、初心者には難しい経済用語など分からないのでハードルが高く感じるのではないでしょうか。日本経済新聞のウエブサイトには日本経済新聞ガイド版Webがあります。

日本経済新聞ガイド版Webとは、日本経済新聞を理解して楽しむために本物の紙面の実際の記事を使って、読み方のコツなるものを説明しているWebガイドです。つまり、インターネットさえあれば、いつでも検索できる日本経済新聞の案内サイトです。

日本経済新聞ガイド版Webには、直ぐに検索できる「読み方ツアー フルコース」「読み方ツアー タイプ別コース」「読みたい情報別コース」などのコンテンツがあり、日経のレベルアップを目指すにはおすすめのサイトです。

日本経済新聞の1面ごとに詳しい解説やコラムなどの紹介をしているので、日経新聞の初心者から上級者を目指している人にでも理解し易い案内になっています。親切丁寧に分かりやすい言葉で書かれているので新聞の読み方から知ることができます。

また、有料会員にはパソコンやスマホ、タブレットで使える「紙面ビューアー」のサービスがあります。ネットで実際の新聞が読めるので紙面派だった方にもビューアーは人気です。

 

NIKKEIプラス1

日経新聞土曜版「NIKKEIプラス1」は、毎週土曜日の朝刊に届けられる生活情報週間紙です。中でも「何でもランキング」は、身近な情報をランキング形式で紹介している人気の高い記事です。

1 面からカラフルで手に取りやすく、全面に写真やイラストで手軽で読みやすい内容になっています。料理やお金、健康などについて、暮らしに役立つ情報が満載のNIKKEIプラス1、毎週土曜日が楽しみになります。

 

ビジネス情報紙の日経産業新聞

企業情報に詳しい日経新聞とならび評されるのが日経産業新聞です。日経産業新聞とは、日本経済新聞社発行の産業や企業情報に特化したビジネス情報紙です。

毎週平日の朝刊のみ発行される日経産業新聞は、最新の業界動向や企業のマネジメント、マーケティングなどのニュースを中心に掲載しているので、今日の最新のビジネスサポートや投資、英語などの情報源として大変有効な一紙だと思います。

 

日経電話世論調査

日本経済新聞社の世論調査は、1987年9月から実施された日本初の電話調査によるものです。

固定電話が国内のほぼ全世帯に普及した導入時期に比べ、昨今では電話帳に掲載されない家庭や固定電話がなく携帯電話を利用する家庭が増えてきました。

そのため、日経電話世論調査では、より正確な数値を得るため、都市部を中心にRDD法(Random Digit Dialing・乱数番号)によって抽出された固定電話と携帯電話の中から、無作為に抽出された電話番号から世論調査を行っています。なお、調査結果は、調査の終了後に日本経済新聞の紙面とWebサイト電子版に掲載されます。

 

日本経済新聞の解約・購読中止について

日本経済新聞の解約については、日本経済新聞電子版の「ご購読サポートトップ」から手続きができます。

また、宅配の購読中止の手続きについては、直接、契約している取扱店から確認等の連絡がある場合があります。なお、新聞の契約は月ぎめ料金なので翌月からの解約となり、当月分の購読料は課金されます。

 

日本経済新聞社主催「レオナルド×ミケランジェロ展」

JR東京駅から徒歩5分、赤煉瓦の三菱一号館美術館で開催中の「レオナルド×ミケランジェロ展」に行ってきました。イタリアが誇る天才芸術家、レオナルド・ダ・ヴィンチと世紀の天才彫刻家ミケランジェロ・ブオナローティの夢の展覧会です。

今回のメインビジュアルは、まるで生き写しのように素晴らしい素描(ディゼーニョ)で、二人の描き方を比べられる貴重な展示会を楽しむことができました。展示予定だった『美しき姫君』は、突然展示中止となってしまい非常に残念でした。

展示会を終えて、改めてパンフレットを見ると日本経済新聞社が主催となっていました。調べてみると、日本経済新聞社は、シンポジウムや美術展、音楽会、セミナーなど様々なイベントを開催していました。

日経新聞は、就職に役立つ情報ソースが満載なので、就職活動の時には日経新聞の一面から社説も毎日欠かさずに読んでいましたが、今回、日本経済新聞社は、新聞のみならず社会貢献に大きく役立っている企業なのだと知り驚きました。

これからは、日本経済新聞のネットの情報を参考に、自己啓発につながる色々なイベントに参加してみたいと思いました。

 

日本経済新聞についての問い合わせ先とホームページ情報

日本経済新聞社 本社所在地

郵便番号:100-0004

住所:東京都千代田区大手町1丁目3−7

電話番号: 03-3270-0251

 

日本経済新聞社の公式ホームページはこちら 

http://www.nikkei.co.jp/nikkeiinfo/

 

 

 





コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


商品一覧

競馬を手軽に楽しむ方法!

以前は、競馬の馬券は、競馬場か場外馬券場に出向くか、電話投票でしか馬券を買うことができませんでした。 TVのCMでも藤岡弘、さんがJRAのPRしているように、ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも手軽に馬券が買える時代にな […]